人外との入れ替わり

小説の人外との入れ替わり回①【2作品】

人外との入れ替わり2

今回は、小説の人外との入れ替わり回を2作品紹介していきます。

 

当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。電子書籍サイト・動画配信サイトの配信情報は掲載当時のものですので、現在の配信状況については各サイトにてご確認ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

キノの旅

作品タイトル/著者 簡単なあらすじ 収録書籍/ソフト
『キノの旅』
著者:時雨沢恵一
キノとエルメスが入れ替わる。 メディアワークス
電撃劇場文庫
『キノの旅 劇場の国』
(※2007年の角川ムービーフェスティバルの劇場限定で『キノの旅』『灼眼のシャナ』『いぬかみっ』の三冊セットで販売されたもの)

※本項目の画像は、全て上記作品からの出典です。

『キノがエルメスな話-Change?-』が人外との入れ替わり。

 

旅人のキノと、モトラドのエルメスは、旅の途中にお互いになりたいと話していたところ、本当に入れ替わってしまった。

エルメスは人間の身体でしたいことがあると言うが…

 

↓人物紹介の時点でいつもと逆になっていておいしいです。

人間はしばらく恨めしそうにモトラドを見て、
「昨夜のうちに教えてくれればいいのに……。キノ」
キノと呼ばれたモトラドは、淡々と、
「昨夜あんなに早く寝たのに、まさか、今の今までぐーすかと寝ているとは思わなかったからね。エルメス」
そんな言葉を返した。そして、
「朝起きたら戻っているかと思ったけど……、またダメか……」
キノの言葉に、エルメスと呼ばれた人間が、

 

↓念願の人間になれたエルメス(身体はキノ)は、上手く旅をすると意気込みますが、失敗ばかりで水を無駄にしたり、旅人たちを盗賊と間違えて打ってしまったり…

「こう見えても、こっちはずっとキノの行動を見てきたんだよ!上手くやれるさ!――原因は分からないけど、なっちゃったことは仕方がない。戻るまで、しっかり頑張るから、まあ見ていて!」
そんなエルメスを見ながら、かつては自分だった体を見ながら、
「不安だ……。とっても不安だ……」
キノがつぶやいた。

 

↓「キノの身体」のキャラ崩壊が著しいです。

エルメス(身体はキノ)は変なテンションで奇声を上げますw

「ぬぬぬぬぬぬ、抜いて撃つだけだ……。やややややや、やってやるぜ!」
そんな言葉を吐いたかと思うと、
「ダメだ!エルメス!まずは話を――」
キノの言葉など無視。
「先手必勝ぉ!」
いきなり右手で『カノン』を抜くと、男達めがけて発砲した。

 

↓ダメダメな元の自分を見るキノ(身体はエルメス)が不憫です。

入れ替わったのはお互いになりたいと話したからで、元に戻りたいと思えば元に戻れるとキノ(身体はエルメス)は言いますが、エルメス(身体はキノ)はまだ元に戻りたくないようです。

「そんなあ!これでも一生懸命に――」
「いや、もうダメダメだ。こんな調子じゃ、次の国にたどり着く前に”ボク”は死んでしまう」

 

そこにクマに追いかけられた旅人たちがやってきて、エルメス(身体はキノ)が大ピンチに。

ギリギリまで元に戻るのを拒むエルメス(身体はキノ)が良かったです。

 

↓元に戻る前後が個人的に好きでした。

「でも、エルメスが二度とボクと体を変わりたいなんて思わないって約束してくれるなら、戻ってもいいかな」
「する!約束する!するけど――」
「じゃあ、そういうことで」
キノが言った次の瞬間、
「でも、あのでかいのはどうするのさ!」
エルメスの言葉は、モトラドから発せられた。
「アレ?戻った!」
「やっぱり人間がいいや、ボクはね」

 

ぺとぺとさん

作品タイトル/著者 簡単なあらすじ 収録書籍/ソフト
『ぺとぺとさん』
著者:木村 航
女の子がカエルと入れ替わる。 エンターブレイン
ファミ通文庫
『ぺとぺとさん』

※本項目の画像は、全て上記作品からの出典です。

第11章「けろけろ」から第12章「特定種族」までが人外との入れ替わり。

 

愛しい者と触れ合うとペトペトとくっつく妖怪「ぺとぺとさん」のぺと子

ある日、ぺと子は道で見かけたカエルを愛しいと思ってくっついてしまう。

引きはがそうとクラスメイトが虫を用意したら、気絶してぺと子とカエルは入れ替わった状態で離れてしまった。

 

↓中身がカエルになったぺと子が虫を食べるシーンがショッキングです。

そのとたん、ぺと子がぱっちりと眼を開けた。
「あ、起きた」守口がのぞき込んだ。
その手に持ったなまものが、ぺと子の目の前でくねくね動いた。
ぱくっ!
「あ」守口が固まった。
ぺと子はなまものを無表情に味わった。ほんのり幸せそうにも見える。それから両足をぴょこんと上げて、全身でぬりちゃんにしがみついた。
「けろけろけろけろけろけろ」

 

ぺと子(身体はカエル)は、鳴き声では意思表示が上手にできなかったので、五十音表の上を飛び跳ねます。

もう一度くっついてから離れれば、元に戻れると考えますが、今はぺと子の身体のカエルに「愛しい」と思わせないといけません。

四苦八苦して何とか元に戻ったようです。(第13章ではいつの間にか戻っていました。)

 

 

今回は、小説の人外との入れ替わり回を2作品紹介しました。

読んでいただいてありがとうございました!

 

人外との入れ替わり2
小説の人外との入れ替わり①【5作品】今回は、小説の人外との入れ替わりを5作品紹介していきます。 当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載する...
人外との入れ替わり2
児童書の人外との入れ替わり②【6作品】今回は、児童書の人外との入れ替わりを6作品紹介していきます。 当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載す...