その他

依頼作品置き場【1作品】

アダルト(※18才未満閲覧禁止)2

TSF界で活躍されている創作者様に、管理人が依頼して創作していただいた作品です。

管理人の趣味の入れ替わりシチュエーションが100%なので悪しからず。

 

当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。電子書籍サイト・動画配信サイトの配信情報は掲載当時のものですので、現在の配信状況については各サイトにてご確認ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

女体化した親友と入れ替わった俺

KPさん
KPさん
焔帝竹輪太郎さん【Twitter】に依頼して書いていただきました!

前編

登場人物
鈴木 清彦:高校生。半年前に突然病気で女体化したTS娘の小学生の時からの親友。面倒見が良いお兄さんタイプで、困っているTS娘を親身になって助けていたら、TS娘から告白されて付き合うことになった。一人称は俺。口調は「~だろ」的な感じで。体格は大きめ。
 
杉村 薫:高校生。主人公の小学生の時からの親友。大人しくて引っ込み思案の男の子だったが、半年前に病気で突然女体化した。元に戻れるかわからないので、学校に事情を話して理解してもらい、女子生徒として通っている(元々の性格が女っぽかったので他の女子生徒にも受け入れられている)。
自分のことは男だと思っているが、最近女の子としての振るまいが身についてきた。女体化して困っていたところを主人公に助けられて好意を持ち始め、TS娘から告白して付き合うことになった。一人称はボク。口調は「~だよ」という感じで女言葉は使わない。体格は小柄で巨乳。
 
(本編)
俺の親友である薫は謎の病気のせいで半年前に体が女になってしまった。
 元々女顔なのもあって顔の印象はあんま変わらなかったけどオッパイは平均より大きいし何かフワッと良い匂いがするし…それに仕草も女らしくなって話してる時にドキッとする事がある。
 
今では当たり前のように感じる事でも最初は大変だった。
朝起こしに行ったら顔はそのまんまなのに体は女になってて服の間からオッパイ見えてるし…
アイツはあいつで急に女になったから大慌てで俺と2人で大パニックになってしまった。
急いで薫の家族と病院に行くけど原因は不明で仕方なく次の日からは女の制服を着て学校に行く事になるんだが、それで学校でも着替えとかトイレとか問題は多くて皆を巻き込んでの大騒動だった。
しかもだぞ!?問題は薫が距離感近めなのもあるけどアイツの事好きだって男友達が続出したんだ!
タダでさえややこしい状況なのに俺は周りに変な事を考える輩が居ないか目を光らせて、やり過ごして来た。
 
しかし、1ヶ月もしたら人間ってのは慣れるもんで取り敢えずの騒ぎは鎮火して3ヶ月もしたら女子も普通に薫と仲良く着替えていたり騒動は収束を迎えようとしていた。
…かに見えたんだけど、この位から仕草も相まって普通に女子と思った他校の男子が告白するようになって来たんだ。
だから俺は学校だけじゃなくて登下校や休みの日など四六時中薫の周りで目を光らせる事にした。
そんな日が続くと次第に俺と薫が付き合ってると言う噂が流れ始めた…
確かにこんだけ一緒に居たら、そう思われる気持ちも分かるが…俺は否定しようかとも思ったけどまんざらでも無い気分になってる事に気付いた。
 
幼馴染の元男と言え、正直俺も気になる異性として見ていた。
最近アイツの仕草や、ふとした表情が可愛くて見惚れる時が多かったからな…周りから見たら俺も他の奴と変わらないのかも知れない。
だから俺は薫に噂について、どう思っているのか直接聞くことにした。アイツが嫌がっているなら俺は距離を置くべきだからだ。
 
清彦:「なあ?知ってるか?最近俺とお前が付き合ってるって噂が流れてるって?」
薫:「そ、そうなの!?初めて聞いたよ!?」
 
清彦:「ああ、最近になって噂されてるみたいだ…それで聞きたいんだけどな?
俺はお前の事…正直好意を持っている。だけど、お前が嫌なら距離を開けようかと思っているんだ」
 
薫:「え!?え!?情報が一遍に入ってき過ぎてよく分からないんだけど…ひょっとして今、清彦君て僕に告白してる?」
 
清彦:「あ!」
 
言われても見ればそうだ!俺も予想だにしない返答で慌ててしまう。
ここ迄来たら覚悟を決めるか!?俺はじっと薫の方を見ると薫は顔を真っ赤にして恥ずかしそうにする。
 どっちだ!?どうなったなんだ!?とドキドキしながら答えを待つと
 
薫:「その…コレからも宜しく…」
 
清彦:「って事は…俺と薫は晴れて彼氏彼女…
うおおおおお!やったぁぁぁあ!!」
 
俺は心の底から歓喜に打ち震えた。俺は知らず知らずに薫の事を、こんなにも愛していたのか!?
俺の余りのリアクションに薫もタジタジになっていた。
 
薫:「清彦オーバー過ぎ…何だか、こっち迄恥ずかしくなっちゃうよ…/////」
 
清彦:「か、可愛すぎる…俺の彼女は最高かよ…」
 
こうして俺達は付き合う事になった。周りの反応は何かやっぱりそうなったかみたいな生温かいものが多くて祝福されて晴れてカップルになった訳だが…なった訳だが…
 
今度は俺の問題だ…俺も健全な高校生な訳で…そう、性欲が滾りに滾っているのだ…!
だってだぞ!?巨乳の幼馴染と四六時中一緒に居て興奮しない奴って居るのか!?無理だろ!?
薫:「なあ…そのチンコ立ってるけど、そう言う事なんだよな…」
 
清彦:「ああ!俺はお前に欲情している!と言っても襲うつもりは無い…お前が受け入れる準備が出来るまで待つつもりだ…」
 
薫:「ゴメンな…僕の心はまだ男だから、そういうのは抵抗が有るんだ…」
 
清彦:「いや…大丈夫だ…俺だって逆の立場なら直ぐに受け入れられねえ…だから気にすんな?はっはっは」
 
薫:「今はコレで我慢してくれな?」チュッ♡
 
清彦:「!!/////」
 
俺は不意打ちにチンコが起立しちまうが…落ち着け…我慢だ我慢…薫の方からも歩み寄ってくれてるんだ!
その日まで…その日まで…!
 
俺はその日が来るのを待ち侘びた…でも、今日!予想だにしない展開が起きていた…
朝起きると「俺におっぱいが付いていた」のだ…
女体化した親友と入れ替わった俺 前編
「な、なんじゃこりゃー!?お、おっぱい!?何でこんなもんが俺に付いてるんだよ!?
まさか俺も薫みたいに女になっちまったのか!?」
 
俺は急いで鏡の前に向かうとそこに居たのは…薫だった…?
は?意味が分からねえ?何で俺の代わりにアイツが映るんだ…?
俺は試しに服を上にズリ上げると鏡の薫も上着をズラしてオッパイを見せ付けて来る。
 
「わ、わ!薫何やってるんだよ!?そんなエッチな姿みたら俺我慢出来なくなっちまうよ!!(すかっ!)あ、アレ!?どうなってんだ!?」
 
ない!ない!?大事な相棒が!俺は下を見ると大きなオッパイに視界を遮られて良く見えないが姿が見えない!?
い、いや、待てよ…違うのか…?
 
薫:「俺が…薫になっちまってんのか?」
 
鏡の薫は信じられないと言う顔で、コチラを見返して来る。
俺も信じられないよ…大好きな彼女の体になっちまってんだなんてな…
俺は少し放心していたが時計を見ると、そうもしてられなかった。
平日の学生の義務である…そう学校である。
幾ら入れ替わっててもあいつの体で学校休む訳には行かないよな…
取り分け一番最初にしないとイケナイのは着替えである…俺が女子の制服着なきゃいけねえのかよ…薫も最初は同じ気持ちだったんだろうな…
 
俺が先ず最初にやらないと駄目なのは…俺は綺麗に畳まれた着替え一式に目をやると1番上に乗っているのは綺麗で可愛らしいブラ…
外す経験は楽しみにしていたが、まさか付ける事になるとは…
俺はブラジャーを手に取ると胸に目をやる…ぽよよーん♡とした大きなソレは存在感を主張していて、とてもじゃないがノーブラと言う選択肢は許されなかった。
薫:「それにノーブラ姿のアイツを学校に行かせる訳にはイカナイよな…
よし!仕方ない!着替えるか!(ぶるん!)」
 
俺は覚悟を決めて上着を脱ぐと勢い良くオッパイが現れた。
で、デッカ!!思ったよりデッカ!!しかもだぞ!めっちゃ柔らかそう!
プリンか!?プリンが胸の上にくっ付いてるのかって位プルプルだぞ!?
俺は思わず胸の下に手を置いてしまう(ズシッ)
 
薫:「はうわ!?お、重!おっぱい重た!それに超柔らかい!
やっぱり薫のオッパイ最高だなー!?」
 
俺は思わず叫んじまう!叫ばずに居られるものか!彼女のオッパイを揉んでクールに居られる奴がいるなら逆に見てみたいわ!
と言っても学校までの時間もあるモミモミしてる時間はあまり残されちゃいない!
 
モミモミモミモミ!うおおおの!病み付きだぜ!俺の彼女のオッパイは世界一ー!!!
ソレに胸揉んでたら体の芯から気持ち良いような!淫乱でもあるのか!最高だな畜生ー!
本当はいつまでも揉んでたいけど着替えなきゃなんねえからな!紳士過ぎるぜ俺!
 
薫:「っと、こうか?肩紐付けて後ろでホックを…あれ?難しいな…えい!くっそ!」
 
ホックが目えない所に付いてるんだから当然付けにくい…全然付かないぞコレ!?
俺は何とかしようとするほど付かないし、どうしたら良いんだ!?
 
薫母:「薫〜朝よ〜?いつもは起きてきてるのに大丈夫?あら?ブラジャーに苦戦してるの?
最近やっと一人でつけられるようになったのに、今日はどうしたの?」
 
薫:「薫のお母さ…じゃなかった、母さん実は何か寝違えちゃったみたいで上手く出来ないんだよ…悪いけど付けてくれない?」
 
薫母:「あら?大丈夫?痛みが続くようなら湿布貼るから言ってね?」
 
良し!冴えた答えだった!ホックを付けて貰って何となく調子が可笑しいって伝えれた!
後は薫と合流して…(もにゅん♡)あん♡
 
薫:「か、母さん何してるの!?」
 
薫母:「何って?いつも言ってるでしょ?ブラ付けた後は形ちゃんと整えなさいって?
まー、アンタの大きいから大変なのは分かるけどね?」
 
くー!不意打ち過ぎて変な声出ちまったし!俺は恥ずかしいのもあって上着を羽織ると俺の家に直行した。
この体オッパイ重たいし足も小せえから転びそうだな…それに全然体力ねえ…本当に女の子って感じだな全く…
 
 
清彦家
薫:「す、すいません俺…じゃなかった!清彦君起こしに来ました!」
 
清彦母:「あら〜ありがとうね?あの子今日はまだ寝てるのよ〜起こして来てくれる?」
 
薫:「は、はい…お、お邪魔します〜」
 
俺は薫のフリをして母さん達をやり過ごして部屋の中に入る。
そこに居たのはスヤスヤと眠る俺の姿だった…
 
薫:「おい!起きろ薫!俺とお前の体入れ替わっちまってるぞ!?」
 
清彦:「おはよう清彦く…あれ?声が低い…?
違う!男の体にもどってる!?って、目の前に居るのぼ、僕の体だ!」
 
薫:「混乱する気持ちはよく分かるが聞いてくれ…お前の体だけど中身は幼馴染の鈴木 清彦なんだ!
何でか分からねが朝起きたら、こうなってたんだ!」
 
清彦:「何で、そんな事に…?あ、お●んちんの感覚は久しぶり。主人公くんの僕のより大きいね?
うわ〜朝勃ち半年ぶりで懐かし〜」
 
薫:「マジマジ観察すんなー!!」
 
性別が変わってしまった俺より、元の性別に戻った薫とじゃ精神的余裕が違うよな…
まあ言っても仕方ないから言わないけどな…?取り敢えず俺達は入れ替わってる事は内緒で生活することにした。
って言うか早めに来たけど悠長に弁当を用意してるしアイツ本当に余裕あるな!?
そして弁当が出来上がると同時に学校へ出掛けた。しかし…
 
清彦:「ちょっと!清彦君!ガニ股で歩かないでよ!
パンツ見えちゃうじゃんか!」
 
薫:「お、おう…?スマン、スマン気付かなかったよ…でも、アレだな?スースーして落ち着かないってのは本当だったんだな?」
 
清彦:「清彦君のすけべー!」
 
元男とは言え薫は、もう立派な女の子何だとは分かってるんだけど、自分がそう振る舞うと言うのは流石に直ぐには無理だった。
しかも学校では間違えて、自分の席座っちまったり果ては椅子に座るときにスカートを尻の下に織り込まずに座ってしまい盛大に薫のパンツをサービスしちまってた。
 
 
 
前半終了

後編

ある日突然、女の子になってしまった薫と幼馴染の清彦は晴れて付き合う事になったのだが…
ある朝、目が覚めると突然2人の体が入れ替わってしまう!

そんな状態でも学校には行かないといけない訳で!?

(本編)
清彦:「もー!清彦君ー!!」
 
薫:「ごめんってー!スカートなんか履いた事ないから仕方ないだろー!?
それに、お前だって最初は…」
 
清彦:「それは言わない約束でしょ!全くもー!」
 
薫は怒って他の奴の所へ行ってしまった。はあ、彼氏としてアイツに恥はかかしたくないけど…女の子のフリって難しいもんだな?
女友:「珍しいね〜清彦君っとケンカするなんて〜?
それに今日は2人共、何か調子変だよ〜大丈夫〜?」
 
薫:「え!?あ!?う、うん!大丈夫…だよ?
ほら喧嘩するほど何とやらって言うし…
たまにはね?」
 
女友:「自分で言うんだ〜笑
でもちょうど良かった一緒に御手洗行こうよ?
流石に清彦君居る時には誘いづらいからね〜?」
 
薫:「と、トイレ!?じゃなかった、御手洗ね?
あはは、別に今は行きたくないから大丈夫かな〜?」
 
そういや何か言われてみたら下の方がムズムズするような…あっ!コレが女子のトイレ行きたいサインなのか!?
 
女友:「遠慮しない、遠慮しない!
御手洗行きたいって顔に書いてあるよ?ほら?
休み時間終わっちゃうよ?行こ?」
 
薫:「う、うん…行こっか…」
 
あいつ女子生徒とこんなに仲良くなってるのかよ!
って言うか連れションって事は隣で女友がトイレを…考えるな俺!
 
女友:「女の子のトイレって、男の子の時よりも大変?」
 
薫: 「う、うん…大変…かな?」
 
 
俺は今日女になったばかりだからわかんね~~!!
って言うか女の子になってから初トイレが学校のトイレで女子と連れションって、どうなの!?
 
 
(女子トイレ)
入ってみれば音が流れる機械も設置してるし、そこ迄 隣を気にしなくても良さそうだが…
今度は俺が薫の体でトイレする事に興奮を覚えちまう。
 
薫:「うわっ!?体の中から小便が出てる感じがくる…ふぁ♡何でしてるだけで気持ち良いんだ薫の体は…(モミモミ♡)」
 
俺は腹イセにたわわなオッパイを揉んでやる。薫の奴オッパイがデカすぎてアソコ見えないじゃねえか全く。
そんな俺の注意を引きたいのか?このっこの♡(モミモミ)
 
薫:「あん♡」
 
やべ!このまんまじゃ学校でオナニーしちまうよ!流石に、それは不味いよな!?
ってか、今の声聞かれてたら恥ずかしいな…/////
 
俺はさも何もありませんでしたと言う顔で女友と合流して教室に戻った。
後で薫から勝手にトイレに行った事をなじられたけど仕方ないだろと押し通した。
うん…これ家で1人になったら絶対にオナニーしちまう奴だ…
しかも性欲を加速させる最大イベントが間近に迫っていた…間近で同級生の着替えを見るイベント…そして一緒に体を動かす…そう体育だ…
 
薫は「あまり皆の事見ないでよ?僕が変態扱いされるからね!絶対に止めてよ?」って言ってたが、いやいや、お前の体見るのが1番興奮するからな?
 
(女子更衣室)
っと言っても周りの女子の体を見ちまいそうになるのは男としての自明の理だから俺は隅でコソコソと着替えていた。
だって、年頃オッパイがチラついたら何となく恥ずくなってしまうだろ?
 
女友:「最近慣れてきたと思ったのに、今日はどうしたの?」
 
薫:「え?いや、何となくだよ?って!ま、前隠してオッパイ見えちゃってるから!?
見てない!俺見てないからねー!?」
 
女友:「大丈夫だって、薫君にそんな気持ち無いの分かってるから?
ソレに恥ずかしがってる本当の理由分かってるんだからね…?」
 
薫:「えー!?」
 
え!?もしかして入れ替わりバレちまってる!?確かに色々ボロだしちまったけど女の勘鋭いって言うもんなー!?
 
女友:「そりゃわかるよ〜分かりやすいもんね?
ズバリまたオッパイ大きくなったんでしょ…」
 
薫:「へ…?」
 
女友:「いやー、薫君のオッパイめっちゃ成長期だもんね〜?頻繁にブラ変わるしさ?
普通そんなスピードで大きくならないから羨ましいぞ〜(モミモミ♡)」
 
薫:「ひゃん♡ちょっと…揉まないで…ソレに触ら方ヤラシイ…」
 
女友:「も〜反応可愛いんだから♡彼氏に揉んでもらってるから。こんな大きくなるのかな〜?
それとも、それ以上の事もひょっとしてやってるのかな〜?」
 
薫:「ちょ!?女友!?あん♡それ以上オッパイ駄目♡それにしてないから!
そんなHな事まだしてないから〜!!」
 
ハアハア…あの後便乗して来た女子に隅々まで触られて思わず感じちまって更に恥ずかしくなっちった俺だが…
体育…しかもマラソンには自信あるぜ!何たって薫に見劣りしないように鍛えてたからな!ふっふっふ、女子達よ格の違いを見せてやるよ!
 
…と思った時期が俺にもありました…
 
女友:「大丈夫?最初からトばすからだよ?無理しないで、ゆっくり来たら良いからね?」
 
薫:「ぜーぜー、あ、ありがとう…」
 
そうだよ、いくら俺の体鍛えてても今の俺は薫の体だから関係ないじゃん…体力が無いのは知ってたけど胸は揺れてバランス崩しそうになるし、何か男子からの視線感じる気がして体が縮こまっちまう…
 
薫:「はあ…薫も突然女になって大変なんだろうな。
いつも平気そうな顔してるけど…アイツも無理してるんだろうな…俺が頑張らなきゃな!」
 
一方、薫はバスケットボールの授業を目一杯 清彦の体を満喫していた。
 
男友:「オイオイ清彦、今日は気合い入りまくりだな!」
 
清彦:「まあな!ガンガン行くぜー!
主人公くんの身体は元々のボクの身体より体力があって良いね楽しいや(ぼそっ)」
 
着替え終わって昼休み。2人は屋上で落ち合う事に…
薫は元々料理上手でお昼はお弁当を作るのだが今日は清彦の体で弁当を作って薫の体に渡してるのでので、いつもの光景とは真逆だ。
何となく自分が弁当を用意してる姿に微妙な顔をする清彦だが弁当を開封して直ぐに驚く事になる。
 
 
薫:「ええええ!?めっちゃ可愛いんだけど!?
っていうか俺の身体でキャラ弁作ったのか!?」
 
清彦:「そうそう清彦君のお母さんに変な顔されちゃったよ?
駄目だよ?普段から料理する癖付けとかないと?」
 
薫:「いや!そうじゃなくて、俺の体でキャラ弁作った事を言ってんの!!」
 
清彦:「あー、なるほどー、まあ…良いじゃん?
いつまで入れ替わってるか分からないし今の内にこう言うのしといた方が?」
 
薫:「そうだけどな…」
 
清彦:「はい!決まり決まり!詳しい事は今日ウチででも話そうよ?流石に昼休みで全部話すのも無理だしさ?」
 
何となく勢いに負けちまった感があるけど他に案もないから頷いた。
それにしても薫の奴、今の状況楽しんでないか?久しぶりに男に戻れたからなのか?分からん…
後の授業は座学だったから大人しく授業を受けて乗り切った。
 
 
(薫の家)
薫:「た、ただいまー」
 
清彦:「お邪魔します!」
 
薫母:「あら清彦君こんにちは、いつもありがとうね?
薫が女の子になっても変わらずに付き合ってくれて、清彦君には感謝してるのよ。ありがとう。」
 
清彦:「え!?あ!?その…」
 
ん?あれ?変わらずにって変じゃないか?だって俺と薫は…コイツさては伝えてねえな?
まあ恥ずかしくて伝えれてないって感じだろうな?全く…ここは俺が一肌脱いでやるか?
 
薫:「実はね?お母さん僕と清彦君付き合う事になったんだ〜!内緒にしててゴメンね〜!?」
 
清彦:「ちょっ!?きよ…薫!?」
 
薫母:「まあまあ、そうなるんじゃないかとは思ってたけど良かったわね…薫」
 
慌てる薫の手を取って「清彦君と大事な話があるから部屋戻るね!」とアイツの部屋に向かう。
勿論、話を聞かれない方弁だが薫は顔を真っ赤にして何か言いたげだ。
 
(薫の部屋)
清彦:「ちょっとー!何で勝手に付き合ってるって行っちゃうのさー!」
 
薫:「わりーわりー、こうでもしないと切っ掛け見つかんなかっただろ?
それに早い方が良いって話、昼しただろ〜?」
 
清彦:「そりゃそうだけど…」
 
薫:「だろ?それより今は今後の事だ…そうしないと人避けした意味ないだろ?」
 
清彦:「そうだけどさ…
ねえ…今後の事って…元に戻らない事も視野に入れるの?」
 
俺はドキリとした…勿論いつ元に戻れるか分からない以上は視野には入れるべきだ…
それに今その話をした理由は分かってる…俺は薫の恋人で元男だ。
 
清彦:「でも僕は元々男だからそんなに困らないけど、主人公くんは女の子になって大変だよね…ごめんね?急に変な事言っちゃったね?」
 
薫:「お前も突然女になって大変だっただろ。俺ら幼馴染でお互いのことを良く知っているし、なんとかなるんじゃないか。」
 
清彦:「そんな楽観的な…」
 
薫:「だって、俺が女の子のままだったら、お前がちゃーんと支えてくれるんだろ?
お前を頼りにしてるから、お前だから安心できるんだぞ?」
 
そう言うと俺は体を薫に擦り寄せる。胸板にオッパイが挟まれてむず痒い快感が走る…
薫は体を強ばられて俺の方を向く肩を掴んで言う
 
清彦:「入れられるのは怖かったけど、入れる方ならできるかも。ボクは元々男だし…」
 
薫:「今なら、お前の気持ち良く分かるよ?小さな体で受け入れるの恐いよな?
でも俺が受け止めてやる…だから優しくしてくれよ?」
 
全く方弁で言ったのに、こんな早く本当になっちまうなんてな?
薫はブラウスを脱がすと胸に顔を埋めて来た…元はお前のだろうに…でも俺の方はそんな薫に可愛いと思ってしまい頭を撫でる。
しかし、次の瞬間ブラの中に手を突っ込んで乳首をクリクリと刺激して来た。俺は「ひゃん♡」と可愛い声を上げて感じてしまう。
コイツ結構胸でオナニーしてるな!こっちだって!
俺はチンコに手を伸ばしてシゴいてやる。
薫は気持ち良さそうかなアンアン声を出す…いや、普通逆じゃね?とか思うが何だかんだで2人で体を弄りあって準備を整えて行く。
 
清彦:「ねえ…本当に良いの?僕、止まれないよ?ハアハア」
 
薫:「こんだけやっといて今更かよ…ほら?受け入れるって言ってるだろ?
遠慮せずに、お前の気持ちを渡してくれ?」
 
清彦:「うん!ありがとう清彦君!大好きだよ!」
 
薫:「ふぁ♡俺も!俺も大好きだ薫!
伝わるぞ!お前の気持ちが伝わって来る!」
 
直接繋がってるからこそ分かる…これが終わったら元に戻っている…そう確信が持てる。
やれやれ?次は俺に挿入させてくれよ?俺の意識はそこで果てる…
 
 
 
 
…くん
薫:「清彦君!清彦君!目を覚まして!」
 
清彦:「あれ?お前…男に戻ったのか?ん?
でも変だな?俺胸が重いままだ…(ぽいーん♡)
は?え?薫が元に戻ったならコレは俺の体な訳で…ええええ!?」
 
薫:「うん!体は戻ったけど今度は清彦君が女の子になっちゃったの!」
 
え!?これ俺の体なの!?薫の次は俺が女になっちまったのか!?
男女ペアのままなのは良かったんだけどさ〜今度は俺がリードするつもりだったのに…
 
清彦:「はー、俺達ってホトホト女体化に縁があるみたいだな…」
 
今の俺は薫の身体よりも背が高くて少し胸が小さい位で薫と違って俺の顔はかなり変化していた。
母さんに似てるな…何か鏡に俺じゃない俺が映ってて変な気分だな…
 
薫:「ねえ…またエッチしたら今度はどうなるか分からないけど…どんな姿でも二人でいようね」
 
清彦:「今さら男同士になっても好きなまんまだと思うぜ?だから心配すんなって!」

 

女体化した親友と入れ替わった俺2
薫:「清彦君…♡」
 
清彦:「ま?次は俺の番だろ?力抜けよ?」
 
流石に男らしくリードしてくれるんだろうけど一応されるがままですって最初から宣言する訳には…
あら?薫さんなんで簡単に押し倒されてるんです?
 
清彦:「お前の身体、男に戻ったのに力弱っ!?」
 
薫:「だって〜少し前まで女の子だったし〜」
 
清彦:「全く…エッチはちゃんとリードしてくれよ?」
 
その後、俺達がどうなったかは想像に任せる。でも幸せだって事だけは伝えとくぜ?
 
完結

 

KPさん
KPさん
焔帝竹輪太郎さんのFANTIApixivFUNBOXはこちら!

 

同人作品
同人の男女入れ替わり漫画①(ほぼ大人向け)【10作品】今回は、同人の男女入れ替わり漫画(ほぼ大人向け)を10作品紹介していきます。 当サイトの情報につきまして、可能な限り正...
同人作品
同人の男女入れ替わり漫画②(ほぼ大人向け)【10作品】今回は、同人の男女入れ替わり漫画を10作品紹介していきます。 当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載す...