その他

依頼作品置き場【10作品】

アダルト(※18才未満閲覧禁止)2

TSF界で活躍されている創作者様に、管理人が依頼して創作していただいた作品です。

管理人の趣味のシチュエーションが100%、入れ替わりではない作品もございますので悪しからず。

 

当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。電子書籍サイト・動画配信サイトの配信情報は掲載当時のものですので、現在の配信状況については各サイトにてご確認ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

女体化した親友と入れ替わった俺

KPさん
KPさん
【炎帝竹輪太郎さん】に依頼してTS娘と親友の入れ替わりを書いていただきました!ありがとうございました!

前編

登場人物
鈴木 清彦:高校生。半年前に突然病気で女体化したTS娘の小学生の時からの親友。面倒見が良いお兄さんタイプで、困っているTS娘を親身になって助けていたら、TS娘から告白されて付き合うことになった。一人称は俺。口調は「~だろ」的な感じで。体格は大きめ。
 
杉村 薫:高校生。主人公の小学生の時からの親友。大人しくて引っ込み思案の男の子だったが、半年前に病気で突然女体化した。元に戻れるかわからないので、学校に事情を話して理解してもらい、女子生徒として通っている(元々の性格が女っぽかったので他の女子生徒にも受け入れられている)。
自分のことは男だと思っているが、最近女の子としての振るまいが身についてきた。女体化して困っていたところを主人公に助けられて好意を持ち始め、TS娘から告白して付き合うことになった。一人称はボク。口調は「~だよ」という感じで女言葉は使わない。体格は小柄で巨乳。
 
(本編)
俺の親友である薫は謎の病気のせいで半年前に体が女になってしまった。
 元々女顔なのもあって顔の印象はあんま変わらなかったけどオッパイは平均より大きいし何かフワッと良い匂いがするし…それに仕草も女らしくなって話してる時にドキッとする事がある。
 
今では当たり前のように感じる事でも最初は大変だった。
朝起こしに行ったら顔はそのまんまなのに体は女になってて服の間からオッパイ見えてるし…
アイツはあいつで急に女になったから大慌てで俺と2人で大パニックになってしまった。
急いで薫の家族と病院に行くけど原因は不明で仕方なく次の日からは女の制服を着て学校に行く事になるんだが、それで学校でも着替えとかトイレとか問題は多くて皆を巻き込んでの大騒動だった。
しかもだぞ!?問題は薫が距離感近めなのもあるけどアイツの事好きだって男友達が続出したんだ!
タダでさえややこしい状況なのに俺は周りに変な事を考える輩が居ないか目を光らせて、やり過ごして来た。
 
しかし、1ヶ月もしたら人間ってのは慣れるもんで取り敢えずの騒ぎは鎮火して3ヶ月もしたら女子も普通に薫と仲良く着替えていたり騒動は収束を迎えようとしていた。
…かに見えたんだけど、この位から仕草も相まって普通に女子と思った他校の男子が告白するようになって来たんだ。
だから俺は学校だけじゃなくて登下校や休みの日など四六時中薫の周りで目を光らせる事にした。
そんな日が続くと次第に俺と薫が付き合ってると言う噂が流れ始めた…
確かにこんだけ一緒に居たら、そう思われる気持ちも分かるが…俺は否定しようかとも思ったけどまんざらでも無い気分になってる事に気付いた。
 
幼馴染の元男と言え、正直俺も気になる異性として見ていた。
最近アイツの仕草や、ふとした表情が可愛くて見惚れる時が多かったからな…周りから見たら俺も他の奴と変わらないのかも知れない。
だから俺は薫に噂について、どう思っているのか直接聞くことにした。アイツが嫌がっているなら俺は距離を置くべきだからだ。
 
清彦:「なあ?知ってるか?最近俺とお前が付き合ってるって噂が流れてるって?」
薫:「そ、そうなの!?初めて聞いたよ!?」
 
清彦:「ああ、最近になって噂されてるみたいだ…それで聞きたいんだけどな?
俺はお前の事…正直好意を持っている。だけど、お前が嫌なら距離を開けようかと思っているんだ」
 
薫:「え!?え!?情報が一遍に入ってき過ぎてよく分からないんだけど…ひょっとして今、清彦君て僕に告白してる?」
 
清彦:「あ!」
 
言われても見ればそうだ!俺も予想だにしない返答で慌ててしまう。
ここ迄来たら覚悟を決めるか!?俺はじっと薫の方を見ると薫は顔を真っ赤にして恥ずかしそうにする。
 どっちだ!?どうなったなんだ!?とドキドキしながら答えを待つと
 
薫:「その…コレからも宜しく…」
 
清彦:「って事は…俺と薫は晴れて彼氏彼女…
うおおおおお!やったぁぁぁあ!!」
 
俺は心の底から歓喜に打ち震えた。俺は知らず知らずに薫の事を、こんなにも愛していたのか!?
俺の余りのリアクションに薫もタジタジになっていた。
 
薫:「清彦オーバー過ぎ…何だか、こっち迄恥ずかしくなっちゃうよ…/////」
 
清彦:「か、可愛すぎる…俺の彼女は最高かよ…」
 
こうして俺達は付き合う事になった。周りの反応は何かやっぱりそうなったかみたいな生温かいものが多くて祝福されて晴れてカップルになった訳だが…なった訳だが…
 
今度は俺の問題だ…俺も健全な高校生な訳で…そう、性欲が滾りに滾っているのだ…!
だってだぞ!?巨乳の幼馴染と四六時中一緒に居て興奮しない奴って居るのか!?無理だろ!?
薫:「なあ…そのチンコ立ってるけど、そう言う事なんだよな…」
 
清彦:「ああ!俺はお前に欲情している!と言っても襲うつもりは無い…お前が受け入れる準備が出来るまで待つつもりだ…」
 
薫:「ゴメンな…僕の心はまだ男だから、そういうのは抵抗が有るんだ…」
 
清彦:「いや…大丈夫だ…俺だって逆の立場なら直ぐに受け入れられねえ…だから気にすんな?はっはっは」
 
薫:「今はコレで我慢してくれな?」チュッ♡
 
清彦:「!!/////」
 
俺は不意打ちにチンコが起立しちまうが…落ち着け…我慢だ我慢…薫の方からも歩み寄ってくれてるんだ!
その日まで…その日まで…!
 
俺はその日が来るのを待ち侘びた…でも、今日!予想だにしない展開が起きていた…
朝起きると「俺におっぱいが付いていた」のだ…
女体化した親友と入れ替わった俺 前編
「な、なんじゃこりゃー!?お、おっぱい!?何でこんなもんが俺に付いてるんだよ!?
まさか俺も薫みたいに女になっちまったのか!?」
 
俺は急いで鏡の前に向かうとそこに居たのは…薫だった…?
は?意味が分からねえ?何で俺の代わりにアイツが映るんだ…?
俺は試しに服を上にズリ上げると鏡の薫も上着をズラしてオッパイを見せ付けて来る。
 
「わ、わ!薫何やってるんだよ!?そんなエッチな姿みたら俺我慢出来なくなっちまうよ!!(すかっ!)あ、アレ!?どうなってんだ!?」
 
ない!ない!?大事な相棒が!俺は下を見ると大きなオッパイに視界を遮られて良く見えないが姿が見えない!?
い、いや、待てよ…違うのか…?
 
薫:「俺が…薫になっちまってんのか?」
 
鏡の薫は信じられないと言う顔で、コチラを見返して来る。
俺も信じられないよ…大好きな彼女の体になっちまってんだなんてな…
俺は少し放心していたが時計を見ると、そうもしてられなかった。
平日の学生の義務である…そう学校である。
幾ら入れ替わっててもあいつの体で学校休む訳には行かないよな…
取り分け一番最初にしないとイケナイのは着替えである…俺が女子の制服着なきゃいけねえのかよ…薫も最初は同じ気持ちだったんだろうな…
 
俺が先ず最初にやらないと駄目なのは…俺は綺麗に畳まれた着替え一式に目をやると1番上に乗っているのは綺麗で可愛らしいブラ…
外す経験は楽しみにしていたが、まさか付ける事になるとは…
俺はブラジャーを手に取ると胸に目をやる…ぽよよーん♡とした大きなソレは存在感を主張していて、とてもじゃないがノーブラと言う選択肢は許されなかった。
薫:「それにノーブラ姿のアイツを学校に行かせる訳にはイカナイよな…
よし!仕方ない!着替えるか!(ぶるん!)」
 
俺は覚悟を決めて上着を脱ぐと勢い良くオッパイが現れた。
で、デッカ!!思ったよりデッカ!!しかもだぞ!めっちゃ柔らかそう!
プリンか!?プリンが胸の上にくっ付いてるのかって位プルプルだぞ!?
俺は思わず胸の下に手を置いてしまう(ズシッ)
 
薫:「はうわ!?お、重!おっぱい重た!それに超柔らかい!
やっぱり薫のオッパイ最高だなー!?」
 
俺は思わず叫んじまう!叫ばずに居られるものか!彼女のオッパイを揉んでクールに居られる奴がいるなら逆に見てみたいわ!
と言っても学校までの時間もあるモミモミしてる時間はあまり残されちゃいない!
 
モミモミモミモミ!うおおおの!病み付きだぜ!俺の彼女のオッパイは世界一ー!!!
ソレに胸揉んでたら体の芯から気持ち良いような!淫乱でもあるのか!最高だな畜生ー!
本当はいつまでも揉んでたいけど着替えなきゃなんねえからな!紳士過ぎるぜ俺!
 
薫:「っと、こうか?肩紐付けて後ろでホックを…あれ?難しいな…えい!くっそ!」
 
ホックが目えない所に付いてるんだから当然付けにくい…全然付かないぞコレ!?
俺は何とかしようとするほど付かないし、どうしたら良いんだ!?
 
薫母:「薫〜朝よ〜?いつもは起きてきてるのに大丈夫?あら?ブラジャーに苦戦してるの?
最近やっと一人でつけられるようになったのに、今日はどうしたの?」
 
薫:「薫のお母さ…じゃなかった、母さん実は何か寝違えちゃったみたいで上手く出来ないんだよ…悪いけど付けてくれない?」
 
薫母:「あら?大丈夫?痛みが続くようなら湿布貼るから言ってね?」
 
良し!冴えた答えだった!ホックを付けて貰って何となく調子が可笑しいって伝えれた!
後は薫と合流して…(もにゅん♡)あん♡
 
薫:「か、母さん何してるの!?」
 
薫母:「何って?いつも言ってるでしょ?ブラ付けた後は形ちゃんと整えなさいって?
まー、アンタの大きいから大変なのは分かるけどね?」
 
くー!不意打ち過ぎて変な声出ちまったし!俺は恥ずかしいのもあって上着を羽織ると俺の家に直行した。
この体オッパイ重たいし足も小せえから転びそうだな…それに全然体力ねえ…本当に女の子って感じだな全く…
 
 
清彦家
薫:「す、すいません俺…じゃなかった!清彦君起こしに来ました!」
 
清彦母:「あら〜ありがとうね?あの子今日はまだ寝てるのよ〜起こして来てくれる?」
 
薫:「は、はい…お、お邪魔します〜」
 
俺は薫のフリをして母さん達をやり過ごして部屋の中に入る。
そこに居たのはスヤスヤと眠る俺の姿だった…
 
薫:「おい!起きろ薫!俺とお前の体入れ替わっちまってるぞ!?」
 
清彦:「おはよう清彦く…あれ?声が低い…?
違う!男の体にもどってる!?って、目の前に居るのぼ、僕の体だ!」
 
薫:「混乱する気持ちはよく分かるが聞いてくれ…お前の体だけど中身は幼馴染の鈴木 清彦なんだ!
何でか分からねが朝起きたら、こうなってたんだ!」
 
清彦:「何で、そんな事に…?あ、お●んちんの感覚は久しぶり。主人公くんの僕のより大きいね?
うわ〜朝勃ち半年ぶりで懐かし〜」
 
薫:「マジマジ観察すんなー!!」
 
性別が変わってしまった俺より、元の性別に戻った薫とじゃ精神的余裕が違うよな…
まあ言っても仕方ないから言わないけどな…?取り敢えず俺達は入れ替わってる事は内緒で生活することにした。
って言うか早めに来たけど悠長に弁当を用意してるしアイツ本当に余裕あるな!?
そして弁当が出来上がると同時に学校へ出掛けた。しかし…
 
清彦:「ちょっと!清彦君!ガニ股で歩かないでよ!
パンツ見えちゃうじゃんか!」
 
薫:「お、おう…?スマン、スマン気付かなかったよ…でも、アレだな?スースーして落ち着かないってのは本当だったんだな?」
 
清彦:「清彦君のすけべー!」
 
元男とは言え薫は、もう立派な女の子何だとは分かってるんだけど、自分がそう振る舞うと言うのは流石に直ぐには無理だった。
しかも学校では間違えて、自分の席座っちまったり果ては椅子に座るときにスカートを尻の下に織り込まずに座ってしまい盛大に薫のパンツをサービスしちまってた。
 
 
 
前半終了

後編

ある日突然、女の子になってしまった薫と幼馴染の清彦は晴れて付き合う事になったのだが…
ある朝、目が覚めると突然2人の体が入れ替わってしまう!

そんな状態でも学校には行かないといけない訳で!?

(本編)
清彦:「もー!清彦君ー!!」
 
薫:「ごめんってー!スカートなんか履いた事ないから仕方ないだろー!?
それに、お前だって最初は…」
 
清彦:「それは言わない約束でしょ!全くもー!」
 
薫は怒って他の奴の所へ行ってしまった。はあ、彼氏としてアイツに恥はかかしたくないけど…女の子のフリって難しいもんだな?
女友:「珍しいね〜清彦君っとケンカするなんて〜?
それに今日は2人共、何か調子変だよ〜大丈夫〜?」
 
薫:「え!?あ!?う、うん!大丈夫…だよ?
ほら喧嘩するほど何とやらって言うし…
たまにはね?」
 
女友:「自分で言うんだ〜笑
でもちょうど良かった一緒に御手洗行こうよ?
流石に清彦君居る時には誘いづらいからね〜?」
 
薫:「と、トイレ!?じゃなかった、御手洗ね?
あはは、別に今は行きたくないから大丈夫かな〜?」
 
そういや何か言われてみたら下の方がムズムズするような…あっ!コレが女子のトイレ行きたいサインなのか!?
 
女友:「遠慮しない、遠慮しない!
御手洗行きたいって顔に書いてあるよ?ほら?
休み時間終わっちゃうよ?行こ?」
 
薫:「う、うん…行こっか…」
 
あいつ女子生徒とこんなに仲良くなってるのかよ!
って言うか連れションって事は隣で女友がトイレを…考えるな俺!
 
女友:「女の子のトイレって、男の子の時よりも大変?」
 
薫: 「う、うん…大変…かな?」
 
 
俺は今日女になったばかりだからわかんね~~!!
って言うか女の子になってから初トイレが学校のトイレで女子と連れションって、どうなの!?
 
 
(女子トイレ)
入ってみれば音が流れる機械も設置してるし、そこ迄 隣を気にしなくても良さそうだが…
今度は俺が薫の体でトイレする事に興奮を覚えちまう。
 
薫:「うわっ!?体の中から小便が出てる感じがくる…ふぁ♡何でしてるだけで気持ち良いんだ薫の体は…(モミモミ♡)」
 
俺は腹イセにたわわなオッパイを揉んでやる。薫の奴オッパイがデカすぎてアソコ見えないじゃねえか全く。
そんな俺の注意を引きたいのか?このっこの♡(モミモミ)
 
薫:「あん♡」
 
やべ!このまんまじゃ学校でオナニーしちまうよ!流石に、それは不味いよな!?
ってか、今の声聞かれてたら恥ずかしいな…/////
 
俺はさも何もありませんでしたと言う顔で女友と合流して教室に戻った。
後で薫から勝手にトイレに行った事をなじられたけど仕方ないだろと押し通した。
うん…これ家で1人になったら絶対にオナニーしちまう奴だ…
しかも性欲を加速させる最大イベントが間近に迫っていた…間近で同級生の着替えを見るイベント…そして一緒に体を動かす…そう体育だ…
 
薫は「あまり皆の事見ないでよ?僕が変態扱いされるからね!絶対に止めてよ?」って言ってたが、いやいや、お前の体見るのが1番興奮するからな?
 
(女子更衣室)
っと言っても周りの女子の体を見ちまいそうになるのは男としての自明の理だから俺は隅でコソコソと着替えていた。
だって、年頃オッパイがチラついたら何となく恥ずくなってしまうだろ?
 
女友:「最近慣れてきたと思ったのに、今日はどうしたの?」
 
薫:「え?いや、何となくだよ?って!ま、前隠してオッパイ見えちゃってるから!?
見てない!俺見てないからねー!?」
 
女友:「大丈夫だって、薫君にそんな気持ち無いの分かってるから?
ソレに恥ずかしがってる本当の理由分かってるんだからね…?」
 
薫:「えー!?」
 
え!?もしかして入れ替わりバレちまってる!?確かに色々ボロだしちまったけど女の勘鋭いって言うもんなー!?
 
女友:「そりゃわかるよ〜分かりやすいもんね?
ズバリまたオッパイ大きくなったんでしょ…」
 
薫:「へ…?」
 
女友:「いやー、薫君のオッパイめっちゃ成長期だもんね〜?頻繁にブラ変わるしさ?
普通そんなスピードで大きくならないから羨ましいぞ〜(モミモミ♡)」
 
薫:「ひゃん♡ちょっと…揉まないで…ソレに触ら方ヤラシイ…」
 
女友:「も〜反応可愛いんだから♡彼氏に揉んでもらってるから。こんな大きくなるのかな〜?
それとも、それ以上の事もひょっとしてやってるのかな〜?」
 
薫:「ちょ!?女友!?あん♡それ以上オッパイ駄目♡それにしてないから!
そんなHな事まだしてないから〜!!」
 
ハアハア…あの後便乗して来た女子に隅々まで触られて思わず感じちまって更に恥ずかしくなっちった俺だが…
体育…しかもマラソンには自信あるぜ!何たって薫に見劣りしないように鍛えてたからな!ふっふっふ、女子達よ格の違いを見せてやるよ!
 
…と思った時期が俺にもありました…
 
女友:「大丈夫?最初からトばすからだよ?無理しないで、ゆっくり来たら良いからね?」
 
薫:「ぜーぜー、あ、ありがとう…」
 
そうだよ、いくら俺の体鍛えてても今の俺は薫の体だから関係ないじゃん…体力が無いのは知ってたけど胸は揺れてバランス崩しそうになるし、何か男子からの視線感じる気がして体が縮こまっちまう…
 
薫:「はあ…薫も突然女になって大変なんだろうな。
いつも平気そうな顔してるけど…アイツも無理してるんだろうな…俺が頑張らなきゃな!」
 
一方、薫はバスケットボールの授業を目一杯 清彦の体を満喫していた。
 
男友:「オイオイ清彦、今日は気合い入りまくりだな!」
 
清彦:「まあな!ガンガン行くぜー!
主人公くんの身体は元々のボクの身体より体力があって良いね楽しいや(ぼそっ)」
 
着替え終わって昼休み。2人は屋上で落ち合う事に…
薫は元々料理上手でお昼はお弁当を作るのだが今日は清彦の体で弁当を作って薫の体に渡してるのでので、いつもの光景とは真逆だ。
何となく自分が弁当を用意してる姿に微妙な顔をする清彦だが弁当を開封して直ぐに驚く事になる。
 
 
薫:「ええええ!?めっちゃ可愛いんだけど!?
っていうか俺の身体でキャラ弁作ったのか!?」
 
清彦:「そうそう清彦君のお母さんに変な顔されちゃったよ?
駄目だよ?普段から料理する癖付けとかないと?」
 
薫:「いや!そうじゃなくて、俺の体でキャラ弁作った事を言ってんの!!」
 
清彦:「あー、なるほどー、まあ…良いじゃん?
いつまで入れ替わってるか分からないし今の内にこう言うのしといた方が?」
 
薫:「そうだけどな…」
 
清彦:「はい!決まり決まり!詳しい事は今日ウチででも話そうよ?流石に昼休みで全部話すのも無理だしさ?」
 
何となく勢いに負けちまった感があるけど他に案もないから頷いた。
それにしても薫の奴、今の状況楽しんでないか?久しぶりに男に戻れたからなのか?分からん…
後の授業は座学だったから大人しく授業を受けて乗り切った。
 
 
(薫の家)
薫:「た、ただいまー」
 
清彦:「お邪魔します!」
 
薫母:「あら清彦君こんにちは、いつもありがとうね?
薫が女の子になっても変わらずに付き合ってくれて、清彦君には感謝してるのよ。ありがとう。」
 
清彦:「え!?あ!?その…」
 
ん?あれ?変わらずにって変じゃないか?だって俺と薫は…コイツさては伝えてねえな?
まあ恥ずかしくて伝えれてないって感じだろうな?全く…ここは俺が一肌脱いでやるか?
 
薫:「実はね?お母さん僕と清彦君付き合う事になったんだ〜!内緒にしててゴメンね〜!?」
 
清彦:「ちょっ!?きよ…薫!?」
 
薫母:「まあまあ、そうなるんじゃないかとは思ってたけど良かったわね…薫」
 
慌てる薫の手を取って「清彦君と大事な話があるから部屋戻るね!」とアイツの部屋に向かう。
勿論、話を聞かれない方弁だが薫は顔を真っ赤にして何か言いたげだ。
 
(薫の部屋)
清彦:「ちょっとー!何で勝手に付き合ってるって行っちゃうのさー!」
 
薫:「わりーわりー、こうでもしないと切っ掛け見つかんなかっただろ?
それに早い方が良いって話、昼しただろ〜?」
 
清彦:「そりゃそうだけど…」
 
薫:「だろ?それより今は今後の事だ…そうしないと人避けした意味ないだろ?」
 
清彦:「そうだけどさ…
ねえ…今後の事って…元に戻らない事も視野に入れるの?」
 
俺はドキリとした…勿論いつ元に戻れるか分からない以上は視野には入れるべきだ…
それに今その話をした理由は分かってる…俺は薫の恋人で元男だ。
 
清彦:「でも僕は元々男だからそんなに困らないけど、主人公くんは女の子になって大変だよね…ごめんね?急に変な事言っちゃったね?」
 
薫:「お前も突然女になって大変だっただろ。俺ら幼馴染でお互いのことを良く知っているし、なんとかなるんじゃないか。」
 
清彦:「そんな楽観的な…」
 
薫:「だって、俺が女の子のままだったら、お前がちゃーんと支えてくれるんだろ?
お前を頼りにしてるから、お前だから安心できるんだぞ?」
 
そう言うと俺は体を薫に擦り寄せる。胸板にオッパイが挟まれてむず痒い快感が走る…
薫は体を強ばられて俺の方を向く肩を掴んで言う
 
清彦:「入れられるのは怖かったけど、入れる方ならできるかも。ボクは元々男だし…」
 
薫:「今なら、お前の気持ち良く分かるよ?小さな体で受け入れるの恐いよな?
でも俺が受け止めてやる…だから優しくしてくれよ?」
 
全く方弁で言ったのに、こんな早く本当になっちまうなんてな?
薫はブラウスを脱がすと胸に顔を埋めて来た…元はお前のだろうに…でも俺の方はそんな薫に可愛いと思ってしまい頭を撫でる。
しかし、次の瞬間ブラの中に手を突っ込んで乳首をクリクリと刺激して来た。俺は「ひゃん♡」と可愛い声を上げて感じてしまう。
コイツ結構胸でオナニーしてるな!こっちだって!
俺はチンコに手を伸ばしてシゴいてやる。
薫は気持ち良さそうかなアンアン声を出す…いや、普通逆じゃね?とか思うが何だかんだで2人で体を弄りあって準備を整えて行く。
 
清彦:「ねえ…本当に良いの?僕、止まれないよ?ハアハア」
 
薫:「こんだけやっといて今更かよ…ほら?受け入れるって言ってるだろ?
遠慮せずに、お前の気持ちを渡してくれ?」
 
清彦:「うん!ありがとう清彦君!大好きだよ!」
 
薫:「ふぁ♡俺も!俺も大好きだ薫!
伝わるぞ!お前の気持ちが伝わって来る!」
 
直接繋がってるからこそ分かる…これが終わったら元に戻っている…そう確信が持てる。
やれやれ?次は俺に挿入させてくれよ?俺の意識はそこで果てる…
 
 
 
 
…くん
薫:「清彦君!清彦君!目を覚まして!」
 
清彦:「あれ?お前…男に戻ったのか?ん?
でも変だな?俺胸が重いままだ…(ぽいーん♡)
は?え?薫が元に戻ったならコレは俺の体な訳で…ええええ!?」
 
薫:「うん!体は戻ったけど今度は清彦君が女の子になっちゃったの!」
 
え!?これ俺の体なの!?薫の次は俺が女になっちまったのか!?
男女ペアのままなのは良かったんだけどさ〜今度は俺がリードするつもりだったのに…
 
清彦:「はー、俺達ってホトホト女体化に縁があるみたいだな…」
 
今の俺は薫の身体よりも背が高くて少し胸が小さい位で薫と違って俺の顔はかなり変化していた。
母さんに似てるな…何か鏡に俺じゃない俺が映ってて変な気分だな…
 
薫:「ねえ…またエッチしたら今度はどうなるか分からないけど…どんな姿でも二人でいようね」
 
清彦:「今さら男同士になっても好きなまんまだと思うぜ?だから心配すんなって!」

 

女体化した親友と入れ替わった俺2
薫:「清彦君…♡」
 
清彦:「ま?次は俺の番だろ?力抜けよ?」
 
流石に男らしくリードしてくれるんだろうけど一応されるがままですって最初から宣言する訳には…
あら?薫さんなんで簡単に押し倒されてるんです?
 
清彦:「お前の身体、男に戻ったのに力弱っ!?」
 
薫:「だって〜少し前まで女の子だったし〜」
 
清彦:「全く…エッチはちゃんとリードしてくれよ?」
 
その後、俺達がどうなったかは想像に任せる。でも幸せだって事だけは伝えとくぜ?
 
完結

 

KPさん
KPさん
炎帝竹輪太郎さんのFANTIApixivFUNBOXはこちら!

取り換えっ娘

KPさん
KPさん
【あむぁいおかし製作所さんの企画】【柊ぽぷらさん】に依頼して相互乗り換え憑依(入れ替わり?)のイラストを描いていただきました!ありがとうございました!
取り換えっ娘1 取り換えっ娘2
KPさん
KPさん
柊ぽぷらさんのFantiaskebはこちら!

KPcHANGE!!

KPさん
KPさん
【はんげしょうさん】との入れ替わり対談中にお互いが入れ替わったイラストを描いていただききました!ありがとうございました!
KPさんとはんげしょうさんの入れ替わり
KPさん
KPさん
はんげしょうさんの【Pixiv】【Skeb】はこちら!

入れ替わり体質カップルの弁当事情&初体験

KPさん
KPさん
【はんげしょうさん】に依頼して入れ替わり体質カップルの漫画を描いていただきました!ありがとうございました!
入れ替わりカップルの弁当事情1 入れ替わりカップルの弁当事情2 414244-1.output
KPさん
KPさん
はんげしょうさんの【Pixiv】【Skeb】はこちら!

夜明けまで

KPさん
KPさん
今は亡き【入れかえ魂さん】にも寄稿していた【イニシャルMさん】に十数年ぶりに小説を書き下ろしていただきました!ありがとうございました!

 

「じゃあぁ、別の店でぇ飲み直さない?」
「ああ、そうしようか」
下心のあった俺は、ついつい賛同してしまった。それが、その女の策略であったとは気付かずに。

夜明けまで      作:イニシャルM

その日俺は、上機嫌だった。
商談がトントン拍子に進み、出張先でかなり早い時間に用件を切り上げられたのだ。
上手くすると、金一封が出るかも知れない。
気を良くした俺は、目に付いた駅前のバーに入り、一人カウンターで祝杯を上げていた。

カラン、カラン、カラン~

一人で悦に入っている間に、いつの間にかバーはかなり混んでいた。
ベルの音と共に、エロそうな女が一人で入店して来る。
ボックスは満席で、カウンターの俺の隣しか席は空いていない。
当然のように、俺の隣に座る彼女。
エッロいなぁ~。今夜一晩相手してくれないかなぁ...
バカ正直に口にするはずもないが、それがエロ女に対する第一印象だった。

最初は、お互い一人で静かに飲んでいたのだが、いつの間にかエロそうな女と談笑し意気投合していた。
経緯は、よく覚えていない。
やがて、なり酔いが回り良い気分になって来た時に、バーの常連っぽい客が入って来た。
「席空いてる?」
「申し訳ありません。今日は満席でして」
「ああ、いいよもう出るから」
酔いが回りボチボチ切り上げようかと考えていた俺は、常連っぽい客に席を譲ることにした。
「じゃあぁ、別の店でぇ飲み直さない?」
会話が弾んでいたエロそうな女が、そう提案して来る。
「ああ、そうしようか」
第一印象から下心満々で、酔いが回っていた俺は、深く考えずに了承してしまった。
それが男の性ってものなんだから、仕方がないではないか。

「じゃあぁ、近くにぃ良い穴場があるのぉ。案内するわぁ」
そう言う彼女に連れられて到着したのは、古ぼけたビルだった。
さっきのバーから5分も歩いていないのに、人通りはなく人の気配が全くしない。
「ふ~ん」
生返事をしながら、着いていく俺。
エロ女は、とある年期の入ったドアを開けた。
ドアには『KP house』と書かれたプレートが掛けられている。
どんな店かな?
とボンヤリと考えていた俺は、扉をくぐって面食らった。
そこは、飲み屋ではなかった。
中央にベッドが鎮座する、ビジネスホテルを想像させる一室だったのだ。
「おい...、これは?」
困惑した俺は、彼女に問い掛ける。
するとその時、バタンと大きな音を立て、入って来た扉が閉まった。
ガチャ、ガチャ、ガチャ
ドアを開けようとしたが、びくともしない。
「!!!」
その瞬間、何故か理由もなく俺は理解してしまった。
このエロそうな女に誘われて、俺はまんまとセックスしたら入れ替わってしまう部屋へと連れ込まれてしまったのだと。
この部屋からは、夜明けまで出ることは出来ない。そしてそれまでにセックスすると、お互いの体が入れ替わってしまう。
つまり、俺はこのエロ女になってしまうのだ。
エロそうな女に対する下心全開だった俺は、どっと冷や汗が吹き出て来ていた。
無理矢理心を落ち着ける。
なに、大丈夫。我慢してセックスしないで夜明けを待てばいいだけだ。
「あぁん、もうバレちゃったのぉ?
ねぇ...、でもほらぁ、私、いい体してるでしょぉ?
最後にこれを抱けるのよぉ。
それにぃ...、この体とぉっても気持ちいいわよぉ、されてもぉ...してもねぇ」
我慢...我慢さえすれば。
エロ女が品を作り、しなだれ掛かって来た。
大きく胸元が空いた服から、豊満な双球がまろび出る。
おぉ、巨乳...乳首見えたぁ。
い、いや。我慢、我慢だ。
「じゃあぁ、このおっぱいでぇパイズリしてあげるぅ。
それならぁ、入れ替わらないでしょぉ?
もう...スイッチ入っちゃってぇ、どっちでもいいからぁしたいのぉ♪」
そ、それなら...い、いや、これは罠だ。
勃てるだけ勃てといて、我慢出来なくなったところを襲うつもりか?
「お...俺、パイズリとか興味ないから!」
股間を硬くさせながらも、虚勢を張る。
「じゃあぁ、しちゃおうよぉ♪」
「だから、俺は女になんてなりたくないって」
「じゃあぁ...こうしましょぉ。
セックスして入れ替わるのぉ。
そしてもう一回すればぁもう一度入れ替わって元通りぃ。
あなたは私を抱けるしぃ、私は男の気持ちを体験できるわぁ」
ヤっても戻れる...?
いや、まてまて。
「それって結局俺も一度俺にヤられることになるじゃないか」
「でもぉ、私も男として一度体験したら戻っちゃうだけで我慢するしぃ、お互い様よぉ」
そう...なのか?
いや、でも確かに一回我慢すればこのエロ女とヤれるし、もしかしたら一回だけなら女の感じってどんなのか試してもいいかもしれない。
彼女は俺の股間に手をやると、ねっとりと撫で上げて来た。
「ねぇ、いいでしょぉ?」
甘い声で、迫って来るエロ女。
い、いや...こ、これは罠だ。
煮え切らない俺。
その俺の態度に、我慢の限界が来たのだろう。
「もうどっちでもいいからぁ、したいのぉ♪」
俺のズボンのチャックを開けると、肉棒を取り出し、おっぱいに挟んでパイズリを始めたのだ。
既に硬直しかけていた愚息は、その柔らかな刺激に直ちにフル勃起してしまう。
パイズリなら入れ替わることもないだろうし、一度放出して賢者タイムを迎えれば、少しは冷静になれるか?
そんな計算もあり、上気して妖艶さを感じさせる女の顔を眺めながら、彼女のしたいようにさせることにした。
う...上手い。
巧みなリズムで、絶妙な刺激が伝わって来る。
すぐに限界が訪れた。
「ほうらぁ...逝っちゃぇ♪」
どぴゅっ...
最後の一擦りと共に、盛大に男汁が吹き出した。
はぁ、はぁ、はぁ...
これで一息つける。
そう目論んでいた俺だが、そうは問屋が卸さなかった。
「まだまだ元気ねぇ~♪」
射精したにもかかわらず、我が息子は全く衰えていなかったのだ。
ペロリ
いとおしそうに熱い肉棒を舐めるエロ女。
「じゃあぁ、今度はお口でぇ、してあげるわねぇ♪」
そう言うと、フェラを始めようとした。
「でも、あなたばっかりぃ気持ち良くなってぇ、ずるいわぁ。
私もの方もぉ、お願いねぇ♪もう、我慢出来ないのぉ♪」
ぺニスを咥えると、秘所を俺の方に向けて来た。
スイッチが入ってしまったというのは、本当なのだろう。
秘裂は女汁で濡れそぼり、濃厚なメスの匂いを発していた。
エロ女の局部を辛うじて隠していた、紐みたいな下着を剥ぎ取る。
使い込まれているであろう割には綺麗な女陰が姿を現した。
「ああん♪」
火照ったアソコに冷たい空気が掛かり、身悶えるエロ女。
丁寧に手入れされた陰毛の中で、ぷっくりと膨れ上がった秘豆を口にすると、俺は舌を転がし始めた。
レロレロレロ
ピチャピチャピチャ
お互いを貪る音が響く中、時折
「う...うっ」
「ああん、もっとぉ♪」
と声が上がる。
そろそろ果てそうになった俺は、クリトリスを甘噛した。
「あ...ああん♪」
彼女も口撃のペースを上げる。
プシューッ
ドピュッ
俺達二人は、同時に絶頂に達した。

口の中に何か苦い物が広がっているのを感じる。
息が出来ない俺は、その奇妙な味をゴクリと飲み干した。
うぇーっ、何だこの味は...
あれ、そう言えば、精を放ったのに、あの独特の虚脱感がない。
いやそれどころか、全身が火照り、下腹部がジンジンとしていた。
な、なんだ...この奇妙な感じは?
俺は、とてつもない違和感を全身に感じていた。
そういえば、さっきエロ女をクンニしていて、同時に達して...
直近の記憶を思い出した俺の目に入ったのは、女の割れ目ではなかった。
そそり立つ肉の棒。男の象徴。男根だった。
ええーっ...?
上半身を起こすと、胸の辺りで慣れない重みを感じる。
どたぷん
手をやると、柔らかな弾力を感じた。
そして、同時に伝わって来る、触られている感触。
「な...なんだこれ?」
思わず出た声は、俺の声とは思えない甲高い物だった。
そ、そういえば下は...?
男の証を求めて伸ばされた手は空を切り、臀部まで達してしまう。
ごくり
唾を飲み込み、意を決して引き戻した手に触れたのは、深いクレヴァスだった。
「くぁwせdrftgyふじこlp」
声が声にならない。こ、これってまさか...
どうして...?
「あらぁ、気分はどうかしらぁ?」
パニックに陥り掛けた俺に、どこかで聞いたような声が掛けられた。
声の方を向くと、そこには毎日鏡で目にする姿が。
お、俺だ...
ってことは...これはエロ女の体なのか?
俺はエロ女になってしまったのか?でも、何故...
「セックスしてないのに、どうして入れ替わってるんだ?」
「あなた、案外おバカさんなのねぇ?
オーラルセックスってぇ、知ってるぅ?」
えっ?
パイズリはセーフだったのに、さっきのフェラ...シックスナインがアウトだったていうのか...
完全に、予想外だった。
「ふ~ん、男ってこんな感じなのねぇ♪」
俺になったエロ女は、ご満悦な様子だ。
「それじゃあ、男の気持ちを体験させてねぇ♪」
そう言うと、俺、いやエロ女が迫って来た。
「ちょ、ちょっと待って」
「あらぁ、どうしたのぉ?」
「こ、心の準備が...」
「元に戻りたくないのかしらぁ?私の体、気に入っちゃったぁ?」
そ、そうだ...元に戻るには、セックスしないと...
俺にヤられないと、いけなかったんだ。
「やっぱりぃ、私ってぇ、いい体よねぇ~♪」
ナルシストの気があるのだろうか。
うっとりした表情を浮かべ、俺のたわわな乳房に手を伸ばして来た。
真っ白な中に青く浮かんだ静脈が、妙に色っぽい。
「おっぱいもぉ、こんなに大きいのにぃ、感度抜群だしぃ♪」
武骨な男の手が、柔肉を揉みしだく。
そして、親指と人差し指で、先端の蕾を摘まみ上げた。
コリッ
背筋を電流が走り抜ける。
「はうっ♪」
我慢しきれず、思わず声が漏れてしまった。
「ウエストだってぇ、こんなに括れてるしぃ」
もう片方の手が、腰をなぞる。
「それにぃ、アソコだってぇ♪」
さっきの俺のクンニで、愛液が溢れたスリットに人差し指を突っ込んで来た。
体の中に異物が入って来る。
しかし、潤滑油で十分に潤ったアソコは、抵抗もなくにゅるりと飲み込んだ。
「準備はOKねぇ。でもぉ、念のためにぃ...」
エロ女は、スリットに差し込んだ指を曲げ、何かを探し始める。
敏感な部分に異物を突っ込まれた俺は、慣れない感覚に腰をくねらせた。
「みぃつけたぁ♪ここ、ここぉ♪」
お目当てポイントを探り当てた太い指が、刺激を与えて来た。
...!?
声も出せずに、体がビクンと跳ねる。
頭の中が真っ白になり、一瞬意識が飛んでしまった。
「ふふふっ、私ってぇここが弱いのよねぇ。Gスポットぉ♪」
な、なんだこれ...
秘裂は更に女汁を吹き出し、大洪水の様相を呈している。
「じゃあぁ、いっただきまぁっすぅ♪」
俺のいや女体の準備が整ったと判断した彼女は、指を引き抜くと代わりに熱い肉棒を宛がって来る。
十分以上にほぐてれいたアソコは、大した抵抗もなく男の証を根元まで咥え込んだ。
初めて感じる、被挿入感覚。
ジンジンと疼く下腹部で、熱い肉棒が蠢いているのがわかる。
エロ女が腰を動かす度に、俺の腰も自然とグラインドしてしまった。
ああ...腰が止まらない...
その間も、彼女は手を動かし続け、乳房を乳首を愛撫し続ける。
蕾を摘まれる毎に、心地よい電流が全身を駆け巡った。
そして、大きく隆起した乳首を口に含むと、エロ女はコリッと甘噛をした。
ビク、ビクッ
俺の体が大きく跳ねる。
ここをチャンスと見たのか、彼女は結合部に手を伸ばして来た。
だが、腰を振るのに夢中になっている俺は、それに気付かない。
エロ女は、女の一番敏感な部分を、捻り上げに来たのだ。
一溜まりもなかった。
俺は大きく潮を噴くと、あっけなく意識を手放してしまった...

意識を取り戻した時、懐かしい俺の体に戻っていた。
自分の体をなで回し確認した俺は、ほっと一息付くことが出来た。
一安心したが、やがてスケベ心が沸き上がって来ると、あることに気付いた。
このエロ女とヤれるはずだったのに、俺がヤられただけだということに。
「なあ、もう一回やらないか?」
その事に気付いた俺は、こんな台詞を口にしてしまっていた。
「あらぁ、いいのぉ?
折角元に戻ったのにぃ、また入れ替わっちゃうわよぉ?」
「そうしたら、もう一度セックスして、また元に戻ればいいだけだろ?」
「私もぉ、まだ、男の気持ちを体験し足りないしぃ、そういうことならぁいいわよぉ♪」
女の感じを一度経験し、すっかりハードルが下がってしまった俺は、そんな提案をしてしまっていた。
今思えば、ここで踏み留まっておくべきだった。だが、もう後の祭りだ。
男は下半身でモノを考える生き物なのだから、これは仕方がない。
元に戻れるとわかったからには、極上のエロ女とヤれる機会を見逃す訳にはいかないのだ。
もう一度我慢すればいいだけの話だ。それに、女の感じも満更じゃなかったし...
「さっきも言ったけどぉ、この体とぉっても、気持ちいいわよぉ...してもぉ、されてもねぇ♪」
我が愚息は、都合三度も放出しているのに一向に萎える気配がない。
頼もしい限りである。
一方、エロ女の方も、準備はバッチリのようだ。
「じゃあぁ、来てぇん♪」
M字に開かれたスラリとした美脚の間で、パックリと口を開けた女陰が涎を垂らして俺を誘っている。
ヒクヒクとしている様は、獲物を誘う深海魚の明かりを連想させた。
大洪水を起こしているアソコを見て取った俺は、前戯はすっ飛ばして肉棒をクレヴァスにあてがうと、ゆっくりと挿入した。
柔らかな肉襞が、逸物に絡んで来る。
名器だ...それも、これまで味わった中で、最高の...
「じゃあぁ、サービスしちゃおうかしらぁ♪」
エロ女がそう言うと、蜜壷が意思を持ったように蠢き始めた。
た、たまらん...
彼女の言葉通り、とてつもなく気持ち良かった。
完全にハマってしまった。魔性の女の虜になってしまったのだ。
彼女の名器に打ちのめされた俺はすぐに果ててしまい、再びエロ女になっていた。
その後は、もうお決まりだ。
セックスして再び元に戻ると、また彼女を抱く。その繰り返しだ。
何故か、萎えることがない俺の男根が事態に拍車を掛けた。この部屋の不思議パワーが働いているのか?
何度も繰り返す内に、次第に女としての快感にも慣れて来た俺は、女体のもたらす悦楽にも囚われ始めていた。
俺としてエロ女を抱き、エロ女として俺に抱かれる。
男として精を放ち、女として淫気を放つ。
際限のない繰り返し。
やがて、自分が誰なのか、わからなくなって来た。
だが、堰を切って溢れた欲望は、留まるところを知らず、お互いを求める。
快感の連鎖は、無限に続くかと思われたが、終わりは訪れるものだ。
俺が最後に覚えているのは、騎乗位で俺の体に跨がって媚声を上げながら夢中で腰を振り、何度も連続した絶頂を貪るすっかりエロ女と化した自分の姿だった

意識を失って、どれくらい経ったのだろう。
極短時間の気もするし、かなりの時間が経った気もする。
時間の感覚がわからない。だが、それも仕方がない。あれだけ何度もセックスすれば。
やがて、人の動く気配を感じた俺は、意識を取り戻した。
気だるい倦怠感が全身を覆っている。
まぁ、あれだけヤったんだから、しょうがない。さぞ太陽が、黄色いことだろう。
少々名残惜しい気もするが、エロ女とあれだけ出来たんだから、満足すべきだろう。
そんなことを考えながら、目を開けるのも億劫だったが、無理矢理瞼を開いた。
すると、目に入ったのは、身支度する男ー俺ーの姿。
え...?
頭の中が真っ白になり、思考が空転する。
俺の気配に気付いた男が、俺の方を振り向いた。
「あら、気が付いたのね。
じゃあ、私はこれからあなたとして、あなたの人生を続けるわ。
あなたは、エロ女としてここで暮らすのね」
そう言い残すと、スタスタと部屋から出て行ってしまったのだ。
......
「ちょ、ちょっとぉ。どうなってるのぉ?」
やっとのことで、我を取り戻した俺の口から出たのは、ベッドで散々聞いた甘い女の声だった。
「えっ?こ、これってぇ、もしかしてぇ」
いやな予感を感じて、胸と股間に手をやる。
「あ、あるぅ...そ、それにぃ、ないぃ...!」
予想通り胸には立派過ぎる双球が鎮座し、長年連れ沿った相棒は股間から姿を消していた。
「も、もしかしてぇ...」
倦怠感を無理矢理振りほどくと、鏡の前へと移動し、鏡を覗き込んだ。
「や、やっぱりぃ...」
俺は絶句した。そこに写っていたのは、絶句したエロ女だったのだ。
「も、もぉ...ど、どうなってるのぉ?」
パニックになりそうにながらも必死で心を落ち着かせ、昨夜の出来事を思い出す。
そして、意識を失う前の光景を思い出したのだ。
何度も連続して女の絶頂を味わっていた事を。
そう、セックスしてもお互いの体が入れ替わっていなかったのだ。
「ひょ、ひょっとしてぇ...」
思い当たるのは、ただ一つ。セックスに夢中になってる間に夜が明けてしまったのだ。それも、俺がこのエロ女になっている時に。
「もぉ...これからぁ、どうしたらいいのよぉ...」
俺は、途方に暮れるしかなかった。
かくして、俺は『KPhouse』の虜囚となり、表舞台から姿を消すことになった。

『KPhouse 』ーKoukan Paradaiseーとリンクした体に閉じ込められた俺には、本能的にわかっていた。
この部屋が、力を失い長い休眠に入ったことに。
何度もセックスしては入れ替わり、その度に力を消費した。それも、限界近くまで。
今のこの部屋には、入れ替わりを起こす力など残ってはいない。
再び目を覚まして貰うには、膨大な量の精気を集める必要があるのだと。
魔性の体のエロ女となった俺は、今日も夜の街をさ迷う。
精気を集め、再び『KPhouse 』が目覚める、その日まで。新たな犠牲者を求めて。
「ねぇ、この体、とぉっても気持ちいいわよぉ、されてもぉ...してもねぇ♪」

入れ替えトイレの怪~妖艶な保健医編~

KPさん
KPさん
【TS解体新書さん】の第2回入替モノ祭りの参加作品「入れ替えトイレの怪」のスピンオフ小説を【イニシャルMさん】に書き下ろしていただきました。ありがとうございました!

(ケース1)野球部主将 千葉宗司 の場合

旧校舎のトイレで睦み合う、妖艶な保健医と男子生徒。
エロマンガでは、ありがちなシチュエーションかもしれない。
ただし、お互いの体が入れ替わっていなければ。

入れ替えトイレの怪~妖艶な保健医編~

原案:KPmouse
作:イニシャルM

TS学園には、ある保健医が勤務している。
年齢は不詳であるが、三十路には達していないであろう。二十代後半だろうか?
名を高島冴子と言い、見るからに妖艶なお色気オーラを発している。
スリーサイズは、上から99.9-55.5-88.8ー峰不二子と同じーを誇る、まごうことなき巨乳だ。
目尻の泣き黒子がチャームポイントで、妖しい色気を助長していた。
このような容姿であるから、男子生徒に非常に人気がある。
「一度でいいから、冴子先生にお相手してもらいたいな~」
そう懸想する生徒は、枚挙にいとまがなかった。
他方、この手の女教師は女生徒には反発を買い勝ちだが、サバサバした性格と恋愛相談での的確なアドバイスで、女生徒にも評判は良かった。
ただ、この妖艶な保健医には、一つの趣味があった。それも、おおっぴらには口に出来ない趣味が…

(ケース1)野球部主将 千葉宗司 の場合

その日、千葉宗司は、朝からウキウキしていた。
下駄箱に手紙が入っていたのだ。
手紙には、
「放課後、16時に旧校舎3階のトイレに来て下さい♡」
と書かれている。
「ラブレターかなぁ?」
野球部主将で、4番サードを任されている宗司には未だ彼女がおらず、ラブレターかとドキドキするのだった。

幸運なことに、その日は顧問が欠席で、練習は主将である宗司が仕切ることとなっていた。
手紙が気になって仕方がない宗司は、これ幸いと長めの休憩を入れることにする。
そして、旧校舎のトイレに向かうのであった。
「誰が手紙をくれたんだろう?」
差出人に心当たりがない宗司は、ドキドキしている。
時間丁度に3階のトレイに到着したが、そこには人の姿がなかった。
「なんだ、イタズラか...」
落胆し内心のドキドキを返せと思いながら、丁度尿意を覚えていた宗司は、ついでに用を足していくことにした。
便器の前に立ち、ユニフォームのチャックを下ろすと、尿を放出する。
心地良い、放尿感。
すると、その時、不意に目の前が真っ白になった。そして、一瞬意識が飛ぶ。
次に気付いた時には、立って小用をしていたはずなのに、便座に腰掛けていた。
あれ、なんだ?
頭を振ると、顔に掛かる長い黒髪が鬱陶しい。
え...?
部活のために短髪にしてるはずなのに...?
あわてて頭に手をやると、間違いなく長い髪が生えていた。
「...!」
驚いた宗司だが、視線を下にやると更に信じられない物が目に入って来たのだ。
そう、白衣に包まれ大きく膨らんだ胸が。
巨乳過ぎて視界を塞ぎ、下が良く見えない。それほど大きな物が、宗司の胸にぶら下がっていた。
重量感が半端ない。
「こ、これって女の身体...?」
漏れ出たハスキーな声も、宗司の物ではあり得ない艶を含んだ物へと変貌していた。
「そ、そうだ...か、鏡!」
個室を飛び出した宗司は、洗面所に向かい、鏡を覗き込んだ。
鏡に写っていたのは、
「保健医の冴子先生?これって、冴子先生の身体だ!?」
男子生徒の憧れ、保健医の高島冴子の姿だった。
「俺が、冴子先生になってるのか?」
鏡に写った冴子は、宗司の意思通りに自由に動く。
顔を身体中をペタペタと触る。
ふと思い付いた宗司は、白衣を脱いでみた。
すると、そこには下着に包まれた冴子の裸体が...
「白衣の下に下着しか着てねぇじゃねぇか!ド変態かよ!エッロ!!」
冴子は、白衣の下には下着しか着ていなかったのだ。それも、黒いレースの。
下着といっても、大事な部分をギリギリ隠す程度、ブラは辛うじて下半球を覆うのみで、上乳は丸出しで乳首も丸見えだ。
下半身に至っては、Oフロントが下着の意味をなしていない。大事なところが、露出してしまっていた。
「下は…もう濡れてる!?」
驚いた顔で爆乳を揉みながら下ろした手は、愛液で大洪水を起こしているアソコに触れたのだった。

一方、股間を濡らし入れ替わるのを今か今かと待ちわびていた冴子は、隣の男子便所で宗司の身体を楽しんでいた。
「さすが野球部の主将の身体…♡力がみなぎってくるわ…♡」
力瘤を作ると、自分の筋肉にうっとりとしている。
そして、自分の物となった宗司の肉棒に刺激を与えると、すぐに隆起した。
「練習ばかりで抜いてないのかしら…♡すごく溜まってる…♡」
ビンビンに勃起した逸物にご満悦だ。
「今日も楽しい放課後になりそうね…♡」
ズボンの下で股間をビクビクさせて、これからの出来事に興奮していた。
一通り宗司の身体を楽しんだ冴子は、隣の女子便所の様子を伺った。
驚愕した女の声は、やがて驕声へと変わる。どうやら、宗司の方も準備が整ったようだ。
冴子は、女子便所へと踏み込んだ。
そこでは、下着姿の女性が鏡を前に、自らの身体をまさぐっている。
淫らな行為に夢中で、冴子に気付かない。
「ふ~ん、もうすかっり出来上がってるようね…♡」
そう判断した冴子は、宗司の背中から腕を回すと、その爆乳を揉み上げた。
「!?」
驚愕する宗司だが、すぐにその心地良い刺激に甘い声を漏らす。
それに気を良くした冴子は、今度は乳房の先端の蕾をギュッと摘まみ上げた。
「はっ、はああっ~ん…?」
しばらく夢中で冴子の愛撫を楽しんでいた宗司であったが、やがて冴子に気付いた。
鏡に写った、『自分』の姿に。
「お、俺...!?」
「ようやく気付いたのね。私の身体はどうかしら?♡」
乳房を揉む手は休めず、冴子がそう問い掛ける。
「ど、どうして...?」
問いには答えず、逆に疑問の声を上げる保健医と化した宗司。
「TS学園の七不思議は知ってるでしょ」
そう答えた冴子は、これでもかと言わんばかりに、乳首を摘まみ上げた。
プシューッと潮を噴き、宗司がアクメに達する。
「イク!!イッくうう…♡」
宗司は、初めての女の絶頂を味わった。
「じゃあ、これからが本番ね~♡」
一度達しただけでは終わらない、いやまだ始まったばかりだ。
己の女体のことを一番よく知る冴子は、軽く意識が飛びぐったりとなった宗司の身体を抱き抱えると、蜜壺にギンギンに隆起した分身を宛がった。
ズチュズチュ
一気に肉の棒を、秘裂の奥まで突っ込んだ。
準備万端のアソコは、抵抗もなく奥まで飲み込む。
「お゛っ゛♡」
宗司の声が言葉にならない。
そして、冴子が腰を動かし始める。それに合わせて、宗司も腰をグラインドさせた。
「私のココ気持ち良いでしょ…♡」
お互いに夢中で腰を振る。
「もっと!もっと欲しいよおお...♡」
女体の本能なのだろうか?
にわか女のはずの宗司が、アソコをギュッと締め上げて来た。
「乱れてる私ってかわいい…♡」
だが、己の身体のことがわかっている冴子は、腰の動きを止めない。
やがて、
「イク!!イッちゃうううう♡」
と宗司は、絶頂を迎えたのだった。
一戦を終えた二人だったが、宗司のいや今は冴子の物となったジュニアは、まだまだ元気だった。
まだ満足しきれない冴子は、当然のごとく再び腰を動かす。
女体が醸し出す快感に、宗司が意識を取り戻すと、冴子に合わせて腰を動かした。
パァン、パァン、パァン
肉と肉のぶつかり合う音が、トイレに木霊する。
やがて、二人同時に達し、宗司はぐったりとした。
しかし、冴子はまだまだ余裕だった。
「この身体、今までで一番スゴいわ…♡」
それから、冴子は満足行くまで、宗司の自分自身の身体を味わったのだった。
「またイク!!イッちゃうううう♡ずっと気持ちいいいいい♡」
「また入れ替わって遊んでちょうだいね...♡」

(ケース2)小学生男子 津田聡 の場合

TS学園の妖艶なる保健医、高島冴子。
その趣味とは、男子生徒と入れ替わり、元の自分の身体を犯すことであった。

(ケース2)小学生男子 津田聡 の場合

その日、小学生男子、サトシがその手紙を見つけたのは偶然からだった。
危うく年上の男子生徒とぶつかりそうになった時、男子生徒のポケットから何かが飛び出したのだ。
それは、一通の-妖艶なる保健医、高島冴子から宛てられた-手紙だった。
「変な手紙が落ちてる!『放課後に旧校舎3階のトイレに来てください♡』だって!行ってみよう!」
色んな噂話のある旧校舎。立入がうっかりばれると大目玉を食らうこともある。
そんな曰く付きの場所へのお誘いの手紙に、サトシは好奇心を刺激されていた。

ちょっとした冒険気分で旧校舎に潜り込んだサトシは、お目当ての3階のトイレへとたどり着いた。
だが残念なことに、周囲には誰も見当たらない。
「ちぇっ。な~んだ、誰もいないや」
小さな冒険に期待していた少年は、少々失望した。
「でも、せっかくだから…」
旧校舎への冒険の記念に、小用を足していくことにしたのだ。
便器の前に立ち、チャックを降ろし、まだ小さなおちんちんを取り出すと、おしっこを始めた。
心地良い、解放感。
すると、その時、不意に目の前が真っ白になった。そして、意識が飛んだのだった。
一瞬クラッとしたサトシが気付くと、何故か個室で便座に腰掛けている。
「あれ、ボクどうしたんだろう?」
急に視線が変わり、驚くサトシ。
なんだか変な感じがする。
特に胸の辺りが妙に重く、肩にずっしりとした重量感を感じるのだ。
疑問に思ったサトシが下に目をやる。
すると、白衣に包まれたたわわに実った双球が目に入った。
見下ろした視界の大半を占める、巨大な二つの肉の塊。
それが自分の胸部から生え、たぷんたぷんと揺れていたのだ。
「えっ?これって、おっぱい?」
個室から出たサトシは、洗面台の鏡へと向かう。
鏡が映し出したのは、男子生徒憧れの魅惑の保健医-高島冴子-の姿であった。
「ボク、女の人になってるー!」
鏡に映った今の自分の姿を見て、胸と股間を確認したサトシ。
99.9センチを誇るバストに手をやり持ち上げると、その重みが伝わって来る。
ズシッ
「スッゲー!!母ちゃんよりもおっぱい大きい!」
ニヤニヤと下卑た表情を浮かべた。
「へへへ!ボク知ってるもーん!女の人って、おっぱい触ると気持ち良くなるんだよねー!」
得意げな口調で、自分の胸を揉み始めたのだった。

一方、男子便所では、サトシと入れ替わった冴子が困惑していた
立小便をしていたのは予定通りだが、視線が妙に低いのだ。
それに、おちんちんを持つ手もやたら小さいし、おちんちん自体も小さいのだ。
慌てて洗面台の鏡を覗くと、そこには学園でも評判のマセガキ小学生ーサトシーの姿が・・・
「これって、初等部のサトシくんよね?今日のターゲットと違うわ。どうしちゃったのかしら?」
サトシが偶然手紙を拾ったことなど知らない冴子は戸惑うばかりだ
「そうだわ。私の身体は...」
サトシの様子が気になった冴子が見たのは、
どたぷん、どたんぷん
ジャンプする度に大きく揺れる魅惑の肉球を揉みしだくサトシの姿であった。

「夜は彼氏とエッチの予定なのに困ったわぁ…」
冴子は溜め息を吐いていた。
「何故か妖怪さんは元に戻してくれないし…」
あの後、何度か同時に用を足してみたのだが、入れ替わりが起こらず、元の身体に戻れなかったのだ。
いつもなら、簡単に戻ることが出来るのに。
「サトシくんに代わりに行ってもらうしかないわねぇ…」
冴子が選べる選択肢は二つ。
ドタキャンするか、サトシに代わって貰うかだ。
ただ、ここ何回か続けてデートを断っていた冴子は、今夜のエッチは拒否し難かった。
「仕方ないわよねぇ」
旧校舎から保健室へと場所を変えた冴子は、サトシに頼んでみた。
最初は見たいテレビがあると渋ったサトシだったが、豪華ディナーに釣られて代打を了解してしまった。
早速、保健室のベッドで、サトシにエッチのやり方を教える冴子。
「知ってるかしら?女には、下にもお口があるのよ♡」
「ウッソだ~、口は一つだよ」
「あら本当よ。ご覧なさい♡」
白衣を脱がし下着姿にしたサトシをM字開脚のポーズで座らせると、冴子は手鏡をアソコに当てた。
Oフロントのパンティで、大事な所が丸見えになっている。
肉棒を咥え込む肉襞がくぱぁと口を開き、イソギンチャクのようにウネウネとしていた。
「本当だ~。でも、なんかちょっと気持ち悪いかも?」
マセてはいても、エロ本もまともに見たことがない小学生。
初めて見た女のアソコーおまんこーに、少々ショックを受けたようだ。
(いくらマセてると言っても、まだまだ子供ねぇ…♡)
少々罪悪感を覚える冴子であったが、彼とのエッチを控えたサトシへの英才教育を止める訳にはいかない
「女は下のお口でね、おちんちんを食べるのよ♡」
「え~、ウッソだ~」
「本当よ♡」
冴子はサトシへの即席の性教育を続ける。
「良い?ボウヤ…女の人はこうやってエッチの準備をするのよ…?♡」
と言うと、まだ小さな手の少年の短い指を、秘裂へと潜り込ませた。
「どこに指入れてるの!?」
グチュグチュ
少々勝手が違う、少年の短い指を動かす。
この指の長さでは、ボルチオどころかGスポットにも届かない。
だが、全てを知り尽くした己の肉壺なのだ。
的確なポイントを攻めながら、時折秘豆にも刺激を与える。
絶妙なリズムで、手淫が続いた。
やがて、
「怖い!何か来るよおお」
射精もしたことがない少年が、絶頂の前兆を感じ恐怖を感じた。
それでも冴子は、手を止めない。
そして、
「ボク壊れちゃうよおおお!」
と、サトシは達してしまった。男として経験をする前に、女の絶頂を感じて。
「乱れてる私って、やっぱりかわいい♡」
己の乱れる様を目にした冴子は、股間を硬くしていた。
精通はまだでも、勃起はするのだ。
「精通もしてない身体になってもねぇ…」
と、残念な冴子であった。

その夜、妙にあどけない冴子の様子に興奮した彼氏がハッスルし、
「これがっ♡せっくすっ?♡しゅごいぃ♡」
「わかんないっ♡わかんないよぉっ♡なにこれっ♡」
と、サトシを逝かせまくったのは、また別の話だ。
一足、いや二足も先に大人の階段を登り、性春の門をくぐり抜けてしまった少年。それも成熟した女の身体で。
望まずとも超英才教育を施されてしまったサトシ。彼の性癖がどうねじ曲げられたかは、想像に難くない。
新たに誕生した、天才入れキチキッズに幸あれ。

TSF入れ替わり勢なので…

KPさん
KPさん
【あむぁいおかし製作所さんの企画】【こじかさん】に依頼して入れ替わり好きがあさおんしたイラストを描いていただきました!ありがとうございました!
TSF入れ替わり勢なので…
KPさん
KPさん
こじかさんの【pixiv】【pixivFANBOX】【Fantia】【BOOTH】はこちら!

報復はメイドの土産に

KPさん
KPさん
【果実夢想さん】に依頼していじめっ子と女体化させられたいじめられっ子の入れ替わりを書いていただきました!ありがとうございました!

 

「おらッ、調子乗ってんじゃねえよ!」

そんな叫び声とともに、教室中に鈍い殴打音が反響する。
頬を強く殴られた男が、短い悲鳴をあげてその場に尻餅をつく。

放課後の学校、空き教室にて。
俺――北柄(きたがら)正磁(せいじ)は、取り巻きを連れて一人の男子生徒を虐めていた。

目の前で痛むであろう頬を押さえながら座り込んでしまっているのは――南(みなみ)亜負(あおい)。
変わった名前だが、いつもおどおどとしていて弱気なやつで、ヒョロガリ眼鏡の冴えない男だ。
体格も顔もそれなりにいいクラスカースト最上位の俺とは、何から何まで正反対だ。

この南とは今年初めて同じクラスになったわけだが、見ているとイライラしてしょうがない。
だから、俺の取り巻きのやつらと一緒に虐めてやることにした。
こいつみたいに内気なやつは、仕返しなんてできっこないしな。

だが、今日だけはいつもと違う。
俺は瞳にうっすらと涙を溜めている南を見下ろしながら、ニッと口角を上げてポケットからひとつの瓶を取り出す。

これは、昨日偶然見つけたもの。
簡単に言うと、女体化薬というものらしい。

まさにその名の通りで、男が飲めば突然女になってしまうんだと。
本当にそんなものがあるだなんてやっぱり半信半疑だし、どうせガセか何かだろうとは今でも思ってはいるが……。

「……はっ。おい南、ちょっとこれ飲んでみろよ」

その場にしゃがみ込み、南に瓶を見せる。
南は訝しみ、困惑した様子で瓶を見つめた。

それが本物だろうが偽物だろうが、飲むのは俺じゃなくて南だ。
こいつの身体がどうなろうと、俺には知ったことじゃない。
こんなに面白そうなもの、放っておけるわけもないだろう。

南の返事を待たず、俺は瓶を開けて奴の口を無理矢理こじ開けて中に女体化薬を注ぎ込む。
さて、どうなるか。

「……ん、んうっ!?」

薬を飲み込んだ瞬間、南は苦しそうに胸を押さえる。
そして、何だか悶え始めてしまった。

……何だ、この反応は。
もしかして、本当にやばい薬だったんじゃないだろうか。

「……お、おい、正磁。ほ、本当に大丈夫なのかよ。もし毒入りとかだったら……」

取り巻きの一人、隼(しゅん)が南の様子を見て声を震わせる。
その横に立っている取り巻きの一人、京夜(きょうや)も南の尋常じゃない反応に、何も言えずごくりと唾を飲み込む。

「ばっか、大丈夫に決まってんだろ。お前ら慌てすぎ――」

そう答える途中で、南の身体に異変が生じた。
ただでさえ小柄なほうだったが、その身体も徐々に徐々に小さく縮んでいく。

短い黒髪が一瞬で伸び、腰の辺りまでの長髪になり。
全身の肉付きも、何だか柔らかそうに丸みを帯び始める。
そう。それは、さながら女子のように。

「あ、あれ……僕は……?」

そう呟いた南の声も、俺のよく知るものではなくなっていた。
甲高く、可愛らしいとすら言える声は、どう頑張っても女子の声でしかない。

さっきまで南は俯いていたため分からなかったが、顔を見上げた今。
南の胸部が、制服の上からでも分かるほどに膨らんでいるのが分かった。

眼鏡はかけたまま、服は男子制服のままで。
顔立ちも、どこかまだ南亜負の面影が少し残ったままではあるが。
それでも、元が男だったとは思えないくらいに――可愛い女の子に、なってしまっているのだった。

「な、何これ……何、この身体……!?」

南自身も、自分の身体を見下ろしたり触ったりしては驚愕に声を震わせている。
まさか、本当に女体化なんてものが成功してしまうとは。
それも、こんなに可愛く……。

「うひょーっ、すげえ可愛いじゃねえかよー」

さっきまであんなに震えていたというのに、南が可愛い女になった途端、隼はテンション高く叫ぶ。
まあ、それも無理のないことか。
俺も、今の南の姿――いや、正確には南の身体を見たら、それだけで身体が反応してしまっているのだから。

「……なあ。隼、京夜」

「ああ」

俺のそんな短い一言だけで、意味を理解してくれた二人は咄嗟に南の両腕を掴んで逃げられないように押さえる。

「な、な……何を……?」

「決まってんだろ。こんなに可愛くなっちまうとは思わなかったけどよ、俺らにとっちゃ好都合だ。この身体、ちょっと使わせろよ」

答えながら、南の胸を揉む。
見た目以上に大きくて柔らかい。
ますます、元が男だったとは思えなくなる。

そして、服を脱がそう――と、した次の瞬間。
よく聞き取れないような小さな声で、南は呪文のように呟き始めた。

「……スワップド・イーチ・アザーズ・ボディーズ」

刹那――目の前の景色が、突如一変した。
目の前には南の姿はなく、代わりに俺と全く同じ姿をした男がニヤニヤと不敵な笑みを浮かべてこちらを見つめている。

「な、何で、俺が……」

半ば無意識にそう呟き、ふと喉の辺りを撫でる。
その行為が何の意味もないことを分かっていても、そうせざるを得なかったのだ。
俺が発したはずの声が、聞き覚えのない甲高い女のように声になっていたのだから。

聞き覚えのない……?
いや、違う。

自身の身体を見下ろす。
長い髪に、男子制服であるにも関わらず膨らんだ胸部。
そう、間違いない。
俺は、なぜか女体化した南亜負になってしまっていたのだった。

それじゃあ、目の前の“俺”は、もしかして――。

「ふふっ、ごめんね。いつもいつも僕を虐めてくるから、いつか仕返ししようと思ってたんだ。ちょうど入れ替わり薬っていうのが手に入ってさ。女の子にされちゃったのはさすがに驚いたけど、ちょうどよかったよ。これで――やっと仕返しをしてやれる」

俺の身体が、俺の声で、そんなことを耳元で囁く。
やはり、今俺の身体にいるのは南だということか。
そんなことあるわけないと思いたいが、実際にこうなっている以上どうしようもない。

せっかく南を女にして、犯してやろうと思っていたのに。
何が仕返しだ、ふざけるな。

奥歯を強く噛みしめ、俺の身体となった南を睨みつけるも全く意に介さず。
それどころか、なんと勢いよく押し倒してきやがった。
咄嗟に反応できず、俺は仰向けに倒れ、自分の顔が至近距離に――。

「お、おい、やめろ……っ」

そう叫んで抵抗を試みるも、女の身体になってしまったからなのか力が足りず、全く俺の上からどいてくれようとしない。
まさか、女の身体がこんなにも力の出ないものだとは。

「隼、京夜! 俺だ、正磁だ! こいつに、身体を入れ替えられちまったんだよ……!」

上手く抵抗ができないのなら、この二人を味方につけるしかない。
そう思って叫ぶと、二人は何やら顔を見合わせて首を傾げる。
そして――。

「何言ってんだ? 女になったショックとかで、ついに頭がおかしくなっちまったのか? いくら何でも、身体が入れ替わるなんて有り得ないだろ、ははっ」

南が、俺の姿で笑う。
俺のフリをして、俺の声で。

「ははっ、だよなー」

そのせいか、隼も京夜も全く信じてくれなかった。
どうすれば、信じてもらえるのか。
妙案なんて思い浮かんでくれるわけもなく――。

「……へえ。この身体のほうが、ここ大きいな」

その声に振り向くと、気づけば南はズボンを脱いで大きくそそり勃ったブツを晒していた。
それだけで、これから何をされるのかが分かってしまい、全身から血の気が引く。
当然だ。本来、俺がしようとしていたことなのだから。

「ほら、何人もの女を犯してきたお前のこのご自慢のチ○ポをぶち込んでやるよ……!」

俺の身体だからなのか。
今までの南からは想像のつかないような叫び声をあげ、俺のズボンとパンツを脱がす。

「や、やめろ……自分に犯されるなんて嫌だ……やめてくれ……怖い……!」

情けなくも、瞳から涙が溢れ出す。
だが、今の俺よりも俺の身体のほうが力は遥かに強く、いくら抵抗しても勝てやしない。
だから――俺の身体のソレが、いとも容易く、俺の膣に挿入を果たした。

「は……ぐ、痛、い……!」

女の初めては痛いものだと当然知ってはいたが、それは予想を遥かに越えていた。
歯を噛みしめ、涙を流しながらも必死に耐えるが……そんな俺を見て、南は息を荒くしながら腰を前後に振る。

「おいおい、俺たちにもヤらせろ」

いきなり京夜がそう言ったかと思うと、下半身を晒し、俺の眼前に突きつける。
そして、口の中に無理矢理押し込んだ。

「んぶっ!? んむ、ぶっ、んぐうっ」

苦しい。不味い。吐き気がする。
男のなんて咥えたくないのに。

「じゃあ、俺はこっちだな」

更に、隼は。
俺たちに体勢を変えさせ、尻に勃起したイチモツを挿入させた。

「は、んむう、あ、ぐうっ」

口に京夜のモノが入っているということもあり、まともに声が出せない。
そんな状況においても、三人は容赦なく腰を振り続けた。

こっちは痛いだけなのに。苦しいだけ、不快なだけなのに。
三人の吐息は徐々に荒くなっていき、やがて。

「あ、もう……出る……っ」

そう言うが早いか。
膣内、口内、そして尻の三ヶ所に、ほぼ同時に白濁液が注ぎ込まれた。

終わるや否や、力を失い、その場にうつ伏せに倒れてしまう俺。
もう何も考えることができない。
ただ、息も絶え絶えで、意識を保つのが精一杯だった。

「本当は仕返ししてから元に戻そうと思ってたんだけど、女体化した僕の身体なんかいらない。やっぱり、こっちの身体のほうがいいや」

ふと、南がそう言ったかと思うと。
何やら瓶に入った薬のようなものをその場に置き、足で力強く踏みつけた。
すると瓶は割れ、中に入っていた液体が飛び散る。

さっきの発言から察するに、今のは元に戻れる薬だったのだろう。
ああ、どうしてこんなことになってしまったのか。
俺は――元に戻ることもできなくなってしまったのだった。

「あ、そうそう。僕の家に帰っても無駄だと思うけど……帰るなら気をつけてね」

最後に南はそう告げ、隼と京夜の二人を連れて教室から出て行った。
家に帰っても無駄。一体どういう意味だろう。

だが、俺だっていつまでもこうしているわけにもいかない。
ゆっくりと起き上がり、手の甲で涙を拭いながら家路につく。

もちろん、俺――北柄正磁の家ではない。
この身体――南亜負の家だ。

扉を開けようとすると、鍵がかかっていた。
インターホンを鳴らす。
それから間もなく、母親と思しき女が出てきた。

俺の姿を見て、怪訝そうに首を傾げている。
無理もないか。
今はただの息子の姿ではなく、女になってしまっているのだから。

だから、女体化したこと、入れ替わったことを話した。
口にしてみると、現実には有り得ないようなことだらけだが、それでも全て事実なのだ。

話を聞き終えると。
母親は、忌々しげに舌打ちを鳴らす。

「何言ってんの。入れ替わり? 女になる? そんなことあるわけないでしょう。あなたまで、私を馬鹿にする気?」

「あ、いや……」

「あなたみたいな子、知らないから。それじゃあね」

そうして、母親は扉を閉めてしまった。
信じてもらえなかっただけでなく、俺は家に帰ることすらできない。

家がないと、当然戸籍を失う。
そして学校にも通えず、俺にはもう行く場所がどこにもないということを意味する。

……いや、ひとつだけ。
拳を強く握り、歯を噛みしめ、その場所へ向かって歩を進めた。

俺の家は金持ちであり、大きな屋敷に住んでいる。
だからもう、ここで暮らさせてもらうしかない。
ただ問題は、今は南がいるということだ。

インターホンを鳴らすと、俺の身体をした南が出てきた。
こいつに頼むのは癪だが、俺にはもうこうするしかないのだ。

「……頼む。俺を、この屋敷に住まわせてくれ」

「ふぅーん、それで?」

「くっ……お願いだ。俺にはもう、他に行く場所がない……!」

その場にしゃがみ込み、深く頭を下げる。
土下座なんて絶対にしたくなどない行為だが、背に腹は変えられない。
それを見た南は、笑みを浮かべたまま。

「いいよ。ただ、君は住み込みメイドとして、だ。これから僕のことを『ご主人様』と呼び、夜は僕の性処理をする。それができるなら、だけど」

「な……っ!?」

「できないの? だったら……」

「わ、分かったよ。それでいい!」

「ははっ、それじゃあよろしくね」

何で、俺がこんな目に遭わないといけないんだ。
悔しい。でも、今の俺には他にどうすることもできない。
ちくしょう……。

§

――夜。

「ほら、奉仕の時間だ。舐めろ」

「くっ……は、はい……」

南は下半身を露出させた格好でベッドに座り、その足の間に俺を座らせている。

ちなみに、この屋敷のメイドになった俺は、今はメイド服に身を纏っている。
何から何まで、屈辱的なことだらけだ。
この俺が、よりによって俺の身体に奉仕しなくてはいけないなんて。

「早くしろ」

促され、俺は渋々先っぽを舐める。
当然だが、美味しくなんてない。
ただただ、不快なだけだ。

「んちゅっ、ぺろぺろっ、ちゅるっ、んぷ、ちゅっ」

淫猥な水音が、部屋に響き渡る。
悔しいが、元々は俺の身体だ。
どこが気持ちいいのかなんて、俺が一番知っているつもりだ。

「は……っ、そんなんじゃ物足りない。もっと激しくしろ」

気持ちよさそうに息を吐いておきながら、そんなことを言ってくる。
仕方ない。従わないと、いつまでたっても終われないかもしれない。

「んむっ、んう、んむうっ、じゅぷぷっ」

何度も苦しくなりながら、喉奥まで咥えては首を前後に動かす。
こんなこと、長時間やりたくない。
早くイかせて、終わらせてしまいたい。

「もっと、もっと音をたててしろ……!」

「んぐっ、じゅぷぷぷっ、じゅる、ちゅぽっ、じゅぽ、じゅぽ、んじゅっ」

首を激しく前後に動かし、口内で舌を転がして刺激する。
こんなこと決して上手くなりたくなかったし、たとえ上手いと言われても嬉しくなんかないが。
でも、こんな不快な行為を一刻も早く終わらせるためだ。

そのためには、早く気持ちよくさせて、早く出させるしかない。
そうして、深くまで咥え、必死に愛撫を続けていると。

「う……出そうだ……!」

南がそう呻くように言った。
その次の瞬間。
俺の口の中に、苦い白濁液が放出される。

「ごほっ、ごほっ」

「吐くな、飲み込め」

思わず咳き込んでしまう俺だったが、南にそう言われ、屈辱に感じながらもゆっくりと嚥下。
美味しくない。それどころか、どろどろとしていて気持ち悪いし、不味かった。

こんな奉仕が、これからも毎日続くのか。
憂鬱で、腹立たしくて、苛立たしくて、でもその怒りをぶつける場所なんてどこにもなくて。
ただ拳を強く握りしめた。

§

とある日の昼間。
この屋敷に、俺の彼女――岬(みさき)海歌(みか)がやって来た。

南のやつが、俺の身体で彼女と楽しむつもりなのだろう。
俺の身体を好きに使うだけならまだしも、海歌のことを好き勝手しやがるというならさすがに許せるわけがない。

そうなると、とにかく、あいつに分かってもらわなくてはいけない。
俺は縋るように、海歌に詰め寄った。

「お、俺だ、正磁だ! お前なら、海歌なら俺が正磁だって分かってくれるよな!?」

「何、この子。新しいメイドさん? あんたが正磁なわけないじゃない」

当然、か。
いきなりメイドが、本当はあなたの彼氏だと言ってきて信じる人などこの世に一人もいないだろう。

それに、その正磁はすぐ近くにいるのだから。

中身は南なのだが、入れ替わったなどとあまりにも非現実的すぎる。

だったら、一体どうすればいいんだ……。
悔しさのあまり歯噛みし、俯いていると。
南は、俺に成りきって言葉を紡ぎだす。

「悪い、海歌。このメイドは親に捨てられたみたいで行き場を失ってたから、俺が拾ってやったんだ。精神的に落ち込んでいて、今も取り乱してるだけだよ」

何言ってんだ、こいつは。
家に帰られなくなったのは事実だが、それも南が身体を入れ替えたせい……。

いや、俺が南を女体化させたせいでもある、か。
だがそれでも、こいつの態度と口ぶりに腹が立ってしょうがない。

「そうなの? 最近の正磁ってすごい優しいね! 虐めとかもしなくなったし、何だかちょっと別人みたい。でも、私は今の正磁が好きだよ!」

「ははっ、ちょっとな。それならよかったよ」

悔しい。海歌が、俺であって俺じゃない男に笑いかけている。好きと言っている。
悔しい。でも俺には、何もできなかった。

それから、すぐに。
南に呼ばれて部屋に行くと、ベッドで裸で寝ている海歌と、皺まみれの布団。
布団には、シミのようなものまで少しついていた。

ああ、行為をしたってことか。
海歌が、俺であって俺じゃない男と。

「ほら、メイドなんだから。ちゃんと後片付けしろよ」

「……っ」

悔しい。
何で俺が、こんなことまでしなきゃならないんだ。
彼女が他のやつとヤったあとの、後片付けなんて。

泣きそうになりながらも、ゆっくりと片付けを始めた。
いつまで、こんな日々が続くんだろう……。

§

「おい! お前、そろそろ俺の身体を返せ!」

「……はぁ?」

さすがに我慢の限界が訪れてきていた俺は、南にがなり立てた。
この今の身体だと、声も可愛らしいせいであまり迫力が出ていないからなのもあってか。
南は俺のほうを振り向いては、ゴミを見るような目で怒鳴り散らかした。

「お前じゃねえ。ご主人様と呼べって言ってるだろうが!」

「……っ!」

「そんなに威勢のいいこと言っててもよ、お前は僕に手が出せないのは知ってる。ま、そんな身体だし仕方ないけど……僕の権限でクビにでも何でもできるってこと忘れないほうがいいよ。そうなったら困るの……君でしょ?」

「うう……」

どうしても竦んでしまう。
元々の俺だったら、そんな風に怒鳴られたりしても何とも思わなかっただろうに。

やっぱり、今の俺は。
どうしても、こいつに逆らうことなんてできないのだった。

§

それから、一体どれだけの月日が経過したのだろうか。
俺――いや。私は、この身体になっている以上は仕方ないことではあるのだが、どこへ行っても誰と接しても“可愛い女”として見られていた。

でも。そんな私にも、ご主人様だけは私の中身を知ってくれている。
それだけのことが、今の私にとっては嬉しかった。

女として接せられていると、まるで私が別人になってしまったかのようで。
ただちゃんと私を私として扱ってくれることに、大きな喜びを抱くようになってしまったのだ。

たったの一人だけでも、そういう人がいてくれて。
いや……一人しかいないから、か。

気づけば私は、あの人に依存してしまっていたらしい。
もう、私はあの人がいないとまともに生きていける気がしないのだ。
こんな身体なのだから、尚更に。

「……ご主人様。本日のご奉仕をいたします」

真夜中。ご主人様に、私は這いつくばって告げる。
そののち顔を上げると、ご主人様は嬉しそうに口角を上げて頷いた。

もう、前ほどの抵抗も嫌悪もない。
私は、ご主人様の――この人の、妾になると決意したのだから。

私は、ご主人様の大きくなっている“ソレ”を口の中に咥えた――。

 

KPさん
KPさん
果実夢想さんのHP【ソムニウム果樹園】coconalaSkebSKIMAはこちら!

挿げ替えスワップ!

KPさん
KPさん
【TS解体新書さん】の第2回入替モノ祭りの参加作品用に【♀サリュ♂さん】に依頼して挿げ替えからの入れ替わりを描いていただきました!ありがとうございました!
挿げ替えスワップ! 挿げ替えスワップ!2
KPさん
KPさん
♀サリュ♂さんのHP【チェンジハート発信局】【pixiv】【Skeb】はこちら!

クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路

KPさん
KPさん
【TS解体新書さん】の第2回入替モノ祭りの参加作品用に【銀メダルさん】に依頼して男の子と腐女子の入れ替わりを描いていただきました!ありがとうございました!

セリフ有り

クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路1-1 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路2-1 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路3-1 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路4-1 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路5-1

セリフ無し

クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路1-2 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路2-2 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路3-2 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路4-2 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路5-2

吹き出し無し

クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路1-3 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路2-3 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路3-3 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路4-3 クラスの腐女子に身体を入れ替えられたイケメンの末路5-3
KPさん
KPさん
銀メダルさんの【pixiv】【Skeb】はこちら!

 

同人作品
同人の男女入れ替わり漫画①【10作品】今回は、同人の男女入れ替わり漫画(ほぼ大人向け)を10作品紹介していきます。 当サイトの情報につきまして、可能な限り正...
同人作品
同人の男女入れ替わり漫画②(ほぼ大人向け)【10作品】今回は、同人の男女入れ替わり漫画を10作品紹介していきます。 当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載す...