人外との入れ替わり

二次創作の人外との入れ替わり小説①【1作品】

人外との入れ替わり2

今回は、二次創作の人外との入れ替わり小説を1作品紹介していきます。

 

当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。電子書籍サイト・動画配信サイトの配信情報は掲載当時のものですので、現在の配信状況については各サイトにてご確認ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

マルドゥック・スラップスティック(マルドゥック・スクランブル)

作品タイトル/著者 簡単なあらすじ 収録書籍/ソフト
『マルドゥック・スクランブル』より
「マルドゥック・スラップスティック」
著者:坂堂功
絵:お子様ランチ
バロットとウフコックが入れ替わる。 早川書房
SFマガジン
2016年2月号

※本項目の画像は、全て上記作品からの出典です。

マルドゥック・スラップスティック(マルドゥック・スクランブル)

気がついたら、バロットとネズミのウフコックは入れ替わっていた。

すぐには元に戻れなさそうなので、お互いの役割を交換しようという話になったのだが…

 

↓二人は色々と揉めますw声は身体準拠のようです。

バロット(身体はウフコック)はウフコックの変身能力でバロットに変身しようと言いますが、バロットの姿が二人になるという問題が…(笑)

慌てふためくウフコック――の姿をしたバロット/ネズミのそれではないテノールボイスは身体に据え置き。

「このままでは、ビジュアル面を優先して、俺がバロットとして演じる他にないぞ……」
頭を抱えるバロット――の姿をしたウフコック/こちらも声は姿に準拠。
「無理よ!だって、貴方と私じゃキャラがまったく違うじゃない!私が主人公の美少女役でしょ!ネズミ役はイヤ!」
「そんなことを言ったって、どこからどう見たってネズミじゃないか。俺は君の姿をしているし」

 

↓相手の演技指導のシーンがおいしいですね。

「抱いてくれ。タイトに」
突如として始まったバロットによる演技指導/ぎこちないオペラのようにセリフを読み上げるウフコック=普段、何かに変身するくせに、他人のものまねに関しては厳しいものがあった。
「ちーがーうー!もっとアンニュイな感じで、そもそもセリフが間違ってる!『くれ』はいらないわ!」
「すまない。バロット」
自分の姿をしたバロットに、申し訳なさげに頭を下げるウフコック=その表情は演技中よりも、普段のバロットのものに近しい。

 

↓バロット(身体はウフコック)もウフコックの変身能力を練習しますが、何故か大人の玩具に変身したり、プリンターに変身して怪しい写真を印刷したり…

この後は、突如登場した魔法少女マジカル・ベルが魔法で元に戻してくれます。

オチで、ボイルドシェルが入れ替わります。

バロットはしばらく、低く唸りながら転がりつづけ、やがてネズミの身体がぐにゃりと曲がり始めた。
「その調子だバロット!すごい適応能力だ!」

 

 

今回は、二次創作の人外との入れ替わり小説を1作品紹介しました。

読んでいただいてありがとうございました!

 

人外との入れ替わり2
小説の人外との入れ替わり回①【4作品】今回は、小説の人外との入れ替わり回を4作品紹介していきます。 当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載す...
人外との入れ替わり2
児童書の人外との入れ替わり①【10作品】今回は、児童書の人外との入れ替わりを10作品紹介していきます。 当サイトの情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載...